らしくないblog

ビジネスで大きな成功をつかみ、そして大失敗。現在は沖縄でヨンナーw(のんびりユッタリ生活)を実現。時短カンタン栄養満タンなレシピ配信中です。

寒い冬に負けないパスタ「カボチャナーラ🎃」

f:id:rasikusinaiG:20211128165238j:plain

冬をのりこえるため

カラダは栄養を蓄えようとします。

カロリーや糖質だけでなく

免疫力を上げて血行を促進する働きのある

栄養が含まれる「かぼちゃ」

おススメです。

《目次》

寒い冬に打ち勝つ食材

冬至にはまだ早いですが

縁起の良いもの、栄養のあるものを食べて

寒い冬、一年を越そうとした先人たちの知恵。

冬至の七草

f:id:rasikusinaiG:20211128165539j:plain

  1. なんきん(カボチャ)
  2. れんこん
  3. にんじん
  4. ぎんなん
  5. きんかん
  6. かんてん
  7. うどん

縁起物とされ「ん(運)」がたくさんつくことで

縁起が良い。

 

「ん」は47音の最後でもあるので

よくないことがあっても、次には一巡して

また良いことが巡ってくるという意味もあるそうです。

 

いっぺんに縁起物ばかり

食べられないので

サイヤG「なんきん(カボチャ)」から

スタートしようと思います。

カボチャナーラ

f:id:rasikusinaiG:20211128172545j:plain

カボチャを使った

カルボナーラソース風にしたパスタです😋

▶︎材料(2人前)
  • パスタ・・・150g
  • パスタ茹で汁・・・100cc
  • カボチャ・・・100g
  • 玉ねぎ・・・1/4個
  • 豆乳・・・100cc
  • ブロックベーコン・・・60g
  • バター・・・大さじ1
  • 塩・・・ひとつまみ
  • 粗挽きコショー・・・適量
  • パセリ粉・・・少々
▶︎作り方
  1. カボチャの皮をある程度むいて、薄くスライスして5分くらいレンチンして柔らかくします。飾り用に一切れ残します。
  2. お鍋に湯を沸かして、沸騰したら塩を入れてパスタを茹でます。
  3. ベーコンをさいのめに切って、玉ねぎは薄くスライスしてフライパンでよく炒めます。
  4. 3にパスタの茹で汁、豆乳、バター、1のカボチャを加えて炒めてソース状にします。とろみがついたら火を止める。
  5. 4に茹でたパスタを加えて和えたらパルメザンチーズを加えてよく混ぜる。器にもって、茹でカボチャを小さくカットしたもの、パセリ粉、黒コショーを散らして完成です。
▶︎MEMO

f:id:rasikusinaiG:20211128171423j:plain

濃厚カボチャソースで和えたパスタは

ベーコンの旨味油や塩気、バターの亜海、カボチャの甘みで

絶品なソースになっています。

 

ベーコンのゴロゴロ感も

ワイルドだぜー😋

 

カボチャの甘みと粗びき黒コショーは

どんたけーの旨さだね。

カボチャの効果効能

f:id:rasikusinaiG:20211128173955j:plain

様々な料理やスイーツに登場する

カボチャですが、栄養「βカロテン」が

たっぷり含まれています。

こんな効果効能があります。

  • 免疫力のアップ
  • 抗酸化作用が高く老化を防止
  • 肌の健康を守る
  • むくみを防止する
  • 便秘の改善

カボチャの実をいただくのは当たり前ですが

実はカボチャ

皮や種にもすごい栄養が!

 

カボチャの皮には「βカロテン」が果肉以上に

含まれています。

加熱調理で、できるだけ皮もいただきましょう。

 

カボチャのタネは昔から

漢方でもよく使われています。

良質なオメガ6系脂肪酸であるリノール酸をとることができます。

 

リノール酸は悪玉コレステロールを減らし

動脈硬化を防いでくれる。

排尿トラブル、頻尿などにも効果があります。

 

カボチャのタネも捨てずに、レンチンすれば

立派なおつまみやおやつに早変わり。

 

《尿のトラブルならカボチャのタネ》

 

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村