らしくないblog

ビジネスで大きな成功をつかみ、そして大失敗。現在は沖縄でヨンナーw(のんびりユッタリ生活)を実現。時短カンタン栄養満タンなレシピ配信中です。

10万キロの血管をしなやかにする 6つの方法

f:id:rasikusinaiG:20211023194709j:plain

人間の血管は10万キロ

地球2周半する長さです。

10万キロ分の血管、すみずみまで

しなやかにしたいですね。

《目次》

血管をしなやかに元気にする

10万キロの血管のうち

95%は毛細血管です。

 

ここが詰まったり

切れたりすると生活習慣病認知症となって

現れます。

 

血管というと動脈や静脈など太い血管に

関心がいきがちですが、すみずみまで血液が

スムーズに流れないとまずいことになります。

 

普段の生活で

血管をしなやかに維持する6つの方法を挙げてみました。

1️⃣塩分ひかえめ

f:id:rasikusinaiG:20211023201452j:plain

塩分の多い食事は血液量が多くなるため、高血圧の原因となります。

その状態が続くと動脈が老化しやすくなります。

 

風船を膨らまし続けているような状態となるので血管の壁はボロボロに

なってしまう。

毎日、毎回の食事では塩分の少ない食材、特に調味料は気をつけましょう。

2️⃣糖分を減らす

f:id:rasikusinaiG:20211023201710j:plain

血液中の糖質が増えると赤血球同士がくっつきやすくなり

ドロドロ状態になります。

 

白砂糖の甘さに慣れてしまうのは止めて

血糖値が上がりにくい栄養が豊富な盗塁を摂るのがおすすめです。

 

カラダに優しい糖類は、精製されていないため

茶色く色が残ったものを使うのが良いです。

  • ハチミツ
  • きび糖
  • 黒糖
  • てんさい糖

3️⃣ストレスを減らす

f:id:rasikusinaiG:20211023202129j:plain

睡眠不足、喫煙、深酒、紫外線など刺激の取りすぎは

白血球が酸化して、血液がベトベト状態になりストレスのもととなります。

適度な嗜好品や生活習慣で

カラダへのストレスはできるけ避けましょう。

4️⃣リラックスした生活をおくる

f:id:rasikusinaiG:20211023202454j:plain

緊張やイライラ、急激な寒暖の差はアドレナリンが

急激に発生します。

過度になると毛細血管がダメージを受けて

お化けのようななくなってしまう。

 

あったはずの血管が無くなると栄養素も

カラダを助けるホルモン物質も届かなくなってしまいます。

生活習慣病うつ病認知症などの症状が進まないように

いつもリラックス、リラックス。

5️⃣タンパク質、ビタミンを摂る

f:id:rasikusinaiG:20211023210558j:plain

成人するまでの食事は糖質、脂質は量も質も十分にとったほうがいいです。

でもねオトナになってからは、糖質・脂質の摂りすぎは

血管には良くないため、カラダを老化させる原因になります。

 

その代わりに良質なタンパク質を摂りアンチエージング効果を

得ましょう。

高タンパク低脂質食品ランキング(100gあたりタンパク質含有量)

《肉類》

  • 生ハム(24.0g)
  • 鶏ささみ(23.0g)
  • ローストビーフ(21.7)

《魚介類》

《卵類》

  • 卵類(12〜16g)

《大豆食品》

  • きな粉(35.5g)
  • 油揚げ(18.6)
  • 納豆(16.5g)
  • 豆乳(3.6g)

6️⃣適度な運動でNO(一酸化窒素)を発生させる

ふくらはぎを使った運動や

日常の軽い運動で体内にNO(一酸化窒素)を発生させると

血管はしなやかになります。

www.rasikusinaig.info

まとめ

コロナ禍は、自分の生活スタイルを見直す良い機会です。

おさまってきたから元通りというのはどうでしょう。

 

いくら稼いでいても

いくらお金を持っていても

異性にモテモテだとして

カラダのすみずみまで血液が回らないと

元気でいられません。

 

元気がなければ

なんにもできない。

 

大事な家族や

パートナーにだって大切にすることはできないし

逆に迷惑をかけてしまいます。

 

日々の食事や運動で血管をしなやかにして

死ぬまで元気!

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村