らしくないblog

ビジネスで大きな成功をつかみ、そして大失敗。現在は沖縄でヨンナーw(のんびりユッタリ生活)を実現。時短カンタン栄養満タンなレシピ配信中です。

アチコーコーで美味しい「挽肉入りの豆腐蒸し」

f:id:rasikusinaiG:20211010092824j:plain

アチコーコーの島豆腐を

さらに蒸します。

《目次》

お豆腐

f:id:rasikusinaiG:20211010094232j:plain

沖縄以外の地域で

お豆腐を製造して、大量販売するには

食品衛生の管理上、いったん冷やしてパッケージにしなければなりません。

 

沖縄独自な文化が認められていた「島豆腐」

できたてのお豆腐がスーパーなど店頭に

並んでいましたが、最近

食品の世界管理基準の関係でルールが見直されています。

 

出来立てのお豆腐をすぐ食べられれば

いいのですが消費者により事情も違うため

島豆腐も、本土と同じようなルールに縛られてしまう。

 

沖縄では「あちこーこー」という言葉が

よく使われます。

「熱いや出来立て」のことを伝える場合に使います。

 

夏の暑い時期に冷奴は美味しいですが

これから、お豆腐は「あちこーこー」

もいいですよ😋

挽肉入りの島豆腐蒸し

さいやGは、歩いてすぐのスーパーで

アチコーコーの島豆腐が手に入ります。

 

アチコーコーや島豆腐が手に入らない人は

木綿豆腐や絹ごし豆腐など

お好きな豆腐でやってみてください。

▶︎材料(1人前)

  • 島豆腐(お好みのお豆腐OK)・・・250g
  • 挽肉・・・50g
  • シメジ・・・1/3袋
  • おろし生姜・・・小さじ1
  • 白だし・・・大さじ1
  • 青ネギ・・・適量

👉お豆腐1丁の大きさは250g〜300g

沖縄では500g以上ものが多く「1丁」はアバウト。

このレシピ、ぺろりとイケちゃうので

おと歩の量はお好みでどーぞ(^O^)

▶︎作り方

  1. お豆腐をくずして深めの耐熱皿に入れて、挽肉とシメジも加えます。お豆腐が浸かっていた水も白だしと一緒に加えます。
  2. 1にラップをかけてレンチン600wで5〜6分で蒸します。
  3. 蒸し上がったら、おろし生姜をそえて青ネギを散らしたら完成です。

▶︎MEMO

f:id:rasikusinaiG:20211010100622j:plain

豆腐が浸かっている水分には、豆腐の旨味や栄養も混じっています。

お豆腐のメーカーの調べによると、多くの人が捨ててしまうようですが

お味噌汁、鍋ものや湯豆腐では捨てずに使いましょう。

 

お豆腐を具材と一緒にレンチンしただけですが

お豆腐から出る水分や、具材の旨味がコラボレーションして

優しいお味になりました。

 

挽肉やシメジの食感もよく、生姜も効いて

パンチもある。

 

高タンパク質

低脂質

低糖質

という優秀な優等生レシピです。

 

季節の変わり目は

カラダもココロも不安定になりがちです。

 

アチコーコーなお豆腐料理で

温まりませんか。

 

《こだわりのオウチ豆腐😋》

 

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村