らしくないblog

ビジネスで大きな成功をつかみ、そして大失敗。現在は沖縄でヨンナーw(のんびりユッタリ生活)を実現。時短カンタン栄養満タンなレシピ配信中です。

島ゴボウのファィバー唐揚げ

f:id:rasikusinaiG:20210817134451j:plain

沖縄自然いっぱいで

育ったゴボウが手に入ったので

唐揚げにしました。

ファイバー(食物繊維)たっぷり唐揚げです。

《目次》

島やさい

f:id:rasikusinaiG:20210817141628j:plain

沖縄の野菜は、珊瑚礁に囲まれ

ミネラル豊富な土壌

平均気温20℃を超える温暖な気候で育ちます。

 

そのため

島やさい

は、抗酸化力もあり栄養が

豊富に含まれています。

 

「島野菜」ですが

沖縄で育つ野菜は、なんでも「島」をつけられるかと

そうではない。

島野菜の定義
  • 戦前から食されている野菜
  • 郷土料理に利用される野菜
  • 沖縄の気候風土に適合したもの

3つの定義があります。 

定義が、ゆるいっちゃーゆるいですが

沖縄らしい。

 

まぶしい太陽に負けず

豊富な栄養素を含んで郷土料理を

守り続ける。

 

長寿の秘訣になる島野菜は、ずっと続いて欲しい。

みんなに広がっていくといいですね。

島ゴボウのファイバー唐揚げ

f:id:rasikusinaiG:20210817134354j:plain

今日は、島ゴボウが手に入りました。

どんなゴボウかと言うと

こんな感じ😄

  • 大きさも太さもバラバラ
  • ふしが多くて長いものでも10cm程度
  • 木の根っこのミニチュアのよう
  • 太めのポッキーのよう

沖縄の粘土質の土壌では、

なかなか大きくはなりませんが

その代わり、栄養素はぎっしりで

ゴボウは柔らかい。

 

形よりも中身

💩にも、やさし〜ゴボウなのよ。

ごぼうゼッピン唐揚げ

www.rasikusinaig.info

 

▶︎材料
  • 島ゴボウ・・・1袋
  • 白だし・・・大さじ2
  • 片栗粉・・・大さじ2
  • 塩・・・少々
  • ローズマリー・・・少々
▶︎作り方f:id:rasikusinaiG:20210817134543j:plain
  1. 島ゴボウの皮をむいて、一口サイズにカットします。流水にさらしてアクを抜きます。(さっとで良いです)
  2. 1 をジプロックなどの袋に入れて、白だしと一緒に2〜3時間つけておく。
  3. 2を袋から出して、キッチンペーパーなどで水気を拭きとります。
  4. ボウルに入れた片栗粉に3のゴボウをまぶします。3〜4回、フライパンを返すようにボウルでふれば、全体に片栗粉が馴染みますよ。
  5. 170℃に熱した油でカラッと色づくまであげます。
  6. キッチンにあったローズマリーの葉をちぎり一緒に盛りつけて、いただきます。
▶︎MEMO

f:id:rasikusinaiG:20210817135552j:plain

食べ物、飲み物、テーブルと

オールブラウンなので、絵面のポイントに赤も入れてみました。

ついでに飲んでみました。

あくまで、ブログのためですが😄

 

さて

白だしでつけ込んで、揚げたゴボウですが

以前にも紹介したとおり絶品です(自画自賛)

 

白だしの味が染み込んでいるので

ゴボウのアクや渋みなども、いい塩梅になるので

不思議。

 

食物繊維がたっぷり摂れる

ファイバー唐揚げ!

これ本当にオススメですので

ぜひ、トライ。

 

おつまみ、おかず、おやつ、お弁当

「お」のつくものなら何でもこいです😋

 

<pにほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村