らしくないblog

ビジネスで大きな成功をつかみ、そして大失敗。現在は沖縄でヨンナーw(のんびりユッタリ生活)を実現。時短カンタン栄養満タンなレシピ配信中です。

軟骨ソーキの煮つけ&琉球モヒート

f:id:rasikusinaiG:20210731080226j:plain

ぷるんぷるんの沖縄ソーキ

圧力鍋の力さえ借りれば

自宅でOKINAWANな晩酌😋

《目次》

沖縄ソーキ

豚の骨つきのあばら肉のことをソーキと呼びます。 

スペアリブにあたる部分は「本ソーキ」

軟骨の部分は「軟骨ソーキ」

 

本ソーキは、いわゆるスペアリブで

沖縄そばなどにのっている。

 

全部食べられる軟骨ソーキを使っている、沖縄そば屋さんも

多くなっていますが、居酒屋などにいくと

美味しいソーキの煮つけが食べられます。

 

ソーキという名前は

あばら肉の部分が「梳く(すく)のに使う櫛」に

似ていて、訛ったようです。

 

櫛ですくと言っても

年代によったり

都会の人ではわからないかもしれないね。

f:id:rasikusinaiG:20210731075048j:plain

▶︎材料(2〜3人分)

  • 軟骨ソーキ・・・600g
  • 鰹だし汁・・・200cc
  • 泡盛(料理酒でOK)・・・200cc
  • しょうゆ・・・50cc
  • コチジャン・・・大さじ2
  • 厚揚げ・・・1丁(大きめにカット)
  • ゆで卵・・・人数分
  • 生姜(スライス)・・・1カケ
  • 糸唐辛子・・・少々

👉一般的なソーキは、みりんや砂糖で煮込みますが

サイヤGオリジナルでは、コチジャンを使いました。

▶︎作り方

  1. アグー豚の軟骨肉(すね)がスーパーで売っていたので、今回はこれを使います。
  2. 1の軟骨肉を鍋に入れ、肉がかぶるくらいの水を沸騰させて、アクが出て来なくなるまでしっかりとります。
  3. 2の軟骨肉をザルにあげて、軟骨肉についているアクも水洗いします。下茹でで圧力鍋を使用した場合は、鍋もしっかりと洗います。
  4. 圧力鍋に材料は全て入れて、20分ほど圧力をかけます。
  5. ピンが下がり熱が冷めたら、お皿にもって出来上がり。

👉ソーキ肉、手に入りにくいので

そんな時には豚バラ肉のブロックでも美味しいです。

▶︎MEMO

f:id:rasikusinaiG:20210731080254j:plain

沖縄そばに乗っかっていて美味しくて

有名なソーキ。

沖縄の居酒屋では、当たり前のようにある

ソーキの煮つけ。

 

コリコリした軟骨と一緒に食べる

骨近くのお肉はサイコーです。

 

しかも、お酒たっぷりで

美味しい調味料と煮込むのだから

酒飲みには至極の一品です。

 

もちろんご飯のおかずにもサイコー!

ソーキ一切れで一杯は行けちゃう。

琉球モヒート 

f:id:rasikusinaiG:20210731080327j:plain

おつまみも美味いとなれば

アルコールドリンクも沖縄素材でオイシクな〜れ🤗

 

泡盛とシークァサーとミントの葉

を炭酸で割ったら琉球モヒートのできあがり。

 

ミントの葉

手で叩いてから

グラスに入れると

いい香り。

 

泡盛の独特な香りや

まったり感も

いいですが、モヒート風

琉球モヒートもいいです。

f:id:rasikusinaiG:20210731080355j:plain

シークァサー入れてるから

こりゃいくらでもイケちゃうわ。

 

ソーキ👉モヒート👉ソーキ

無限天国が待っている😇

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村