らしくないblog

ビジネスで大きな成功をつかみ、そして大失敗。現在は沖縄でヨンナーw(のんびりユッタリ生活)を実現。時短カンタン栄養満タンなレシピ配信中です。

沖縄オンリーの泡盛

f:id:rasikusinaiG:20210607065252j:plain

琉球ガラス

沖縄の良さをお伝えするには「泡盛

忘れてはいけませんね。

お酒、あまり召し上がらない人には

「ぶくぶく茶」情報を添付しました😋

《目次》

泡盛

琉球諸島で造られる蒸留酒

お米を原料として、黒麹菌によってデンプンを糖化して

酵母でアルコール発酵させたもろみを蒸留して造ります。

3年以上貯蔵したものは古酒(クース)と呼ばれます。

 

ウィキペディア的に説明すると

こんなところですが

コレじゃ魅力が伝わらないので

ググった情報と

製造している酒造現場に行って、勉強(試飲😋)をしてきました。

泡盛トリビア

f:id:rasikusinaiG:20210607080945j:plain

酒造所見学のリポートの前に

泡盛に関する疑問や

トリビアをまとめてみました。

Q:なぜ焼酎なのに「泡盛

全国各地で造られ飲まれている「焼酎」ですが

沖縄産のものだけが「泡盛」と呼ばれます。

 

沖縄が本土復帰した時に「焼酎乙類」に組み込まれたことが

あり泡盛という名前が使えないという事態がありました。

 

沖縄の人にとっては

泡盛泡盛です。

それは困ると言うことで・・

 

法令的には、焼酎乙類なのですが

「一定条件を満たした本格焼酎泡盛と名乗れる」

とし、一般に慣熟した呼称があると財務省が認めて

泡盛の呼称は残されました。

Q:なぜ「泡盛」と言うの

f:id:rasikusinaiG:20210607080310j:plain

首里の坂道

泡盛」の名前由来は、たくさんあります。

どれも、なるほど! と思いますが

サイヤG的に合点が入ったのは単純明快。

「泡はぶくぶく膨らむよ」

 

泡盛は、湧水で作ります。

琉球諸島のあちこちで造られる泡盛

本島や離島など、それぞれの地域で湧く

「水」にも違いがあり、それぞれ泡盛の味や香りの特徴となる。

 

珊瑚礁に囲まれた沖縄

地下水からこんこんと湧く水は

硬度が高く、ミネラル分を豊富に含みます。

 

お米と、ミネラル分を多く含む硬水の湧き水で

お酒を造るときに

ブクブクと泡ができるので「泡盛

 

と言う説明がシンプルで明快かと。

 

首里城の近くの湧き水は

特に硬水で、その湧き水でたてる

「ぶくぶく茶」が王朝時代には献上されていました。

泡とブクブクの関係

名前としても、しっくりいきませんか😁

ぶくぶく茶の名店

story.nakagawa-masashichi.jp

Q:泡盛のルーツは

f:id:rasikusinaiG:20210607075726j:plain

琉球王朝の時代から長い歴史の中で

成熟された「泡盛」ですが、そのルーツは

15世紀、シャム王朝(タイ)に起源があるという

研究が支持されています。

 

海洋国家として、東南アジア圏を

自由に行き来していた「海んちゅ」たちの

息吹を感じます。

Q:クース(古酒)とは

泡盛は熟成するとアルコールの刺激が和らぎ

コクや独特の香気がでて風味が増します。

 

ウィスキーの場合は、樽の力を借りて熟成させますが

泡盛は、自らの成分で変化するため、瓶や陶器に入れた後も

熟成が進みます。

 

泡盛」税法上は単式蒸留焼酎と言う

名前がつけられているためアルコール度数は45度以下でないと

なりません。

 

与那国島で特例として製造が認められている

60度のお酒は「花酒」と呼ばれ

税法上は原料用アルコール。

「こんな原料ならいいものデキそー^ ^」

見学できる酒造工場

頭の知識は、この辺にして

製造できる工場が、家のすぐ近くにあるので

見学に行ってきました。 

 

沖縄本島にも離島にも

見学ができる泡盛の酒造工場の施設が

いくつもあります。

 

那覇空港から車で10分の「忠孝酒造」です。

本格的な酒造現場の見学ができます。

www.chuko-awamori.com

 

f:id:rasikusinaiG:20210608054719j:plain

入り口で龍神様と忠孝焼きがお出迎え

f:id:rasikusinaiG:20210608055112j:plain

手造り泡盛工場、ギャラリー、ショップがあり試飲もできます!

忠孝製造所では、スタッフによる案内で

昔ながらの手造り工場やたくさんの古酒(クース)が眠る酒蔵

泡盛の歴史や文化が学べるミニ映画の上映もしており、一気に泡盛知識が

身につきます👌

 

ご褒美に、試飲もついてくるので

運転手を確保したり、バスで行くのもいいかと😘

f:id:rasikusinaiG:20210608055310j:plain

手造り泡盛の様子が見学できます

f:id:rasikusinaiG:20210608055502j:plain

「忠孝酒造」は忠孝窯をもち泡盛を入れる陶器も作っています

試飲ですが

小さな琉球ガラスで

20年モノの古酒をいただきましたが

すごい!の一言。

 

口を伝わって

鼻や脳内まで香りが広がり

alcoholが身体中に染みていく。

 

ウィスキーやブランデーとは

違う芳醇を感じざるを得ません!!!😋

f:id:rasikusinaiG:20210608054904j:plain

敷地内には木造の酒蔵も見学できます

どういうわけか白黒モードで撮ってしまった写真。

木造の酒蔵ですが

レトロ感があっていい感じ。

強い酒入って、手元狂ったかもしれないけれど結果オーライ🥴

酒造所見学

「試飲ができる! グヒヒ😄」 

とヨコシマな気持ちで行った工場見学ですが

泡盛の伝統や文化を継承する人たちの

モノ作りへの思いや苦労、喜びを知ることができました。

 

沖縄本島、離島には

泡盛の酒造所が点在しています。

それぞれの製法もありますが

土地により湧き出る水が違うため

色々な泡盛が味わえます。

 

酒造所には、見学施設やショップを

併設している所が多いので

酒好きのアナタ、家族連れの皆さんに

おすすめの施設です。

 

来沖の際には

気になる泡盛の酒造所

ぜひ立ち寄ってみてください。

 

先週末、酒造所見学に行ったのですが

小学生の孫娘2人、つきあってくれました。

 

手造り体験やミニ映画鑑賞など

真剣に取り組んでいた。

 

「ウチナンチュになっていく手伝いもできたかな」

10年もすれば

一緒に泡盛飲めるから

楽しみにしておきましょう。

泡盛飲み比べ》 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村