らしくないblog

ビジネスで大きな成功をつかみ、そして大失敗。現在は沖縄でヨンナーw(のんびりユッタリ生活)を実現。時短カンタン栄養満タンなレシピ配信中です。

オトナの(必需品)オモチャ

f:id:rasikusinaiG:20210526065132j:plain

人生半分も一生懸命

生きていれば体にガタもくる。

そんなオトナにおすすめなスマートウォッチです。

《目次》

健康管理

アナタは、どんな健康管理をされていますか?

運動

食事制限

ヨガやストレッチ

 

様々あると思いますが

ところで「管理」はしていますか?

記録はせずに医者や健康診断に任せきり

ではありませんか?

 

サイヤGも人任せ。

やっていると言えば

家で簡易血圧計で朝と夜、計るだけですが

それも記録忘れで、健康手帳は歯抜け状態です(>_<)

 

管理がずさん

管理が苦手という人に耳より情報です。

f:id:rasikusinaiG:20210528000641j:plain

スマートウォッチ

サイヤGは

「スマートウォッチ」に対する認識が足りていなかった。

IT関連の若者たちが

これみよがしに

自慢するアイテムかと思っていた。

 

価格だって数万円から10万円以上など

ザラだもんね。

 

今回

いいオトナ達に紹介したいのは

中国製を中心にした安価なスマートウォッチです。

 

サイヤG 

実際

1ヶ月近く使ってみて

何がいいかと言うとこんな結果でした。

  1. 安くて高機能
  2. 操作がカンタン
  3. 三日坊主という自己嫌悪からの解放感😁 

アイフォンWatchなどのように高額なもの

ありますが

このblog情報でお伝えしたいスマートウォッチは安価なもの

とにかく安価な海外製品が中心です。

 

スマートウォッチは

サイヤGだけでなく

こんな人には良い結果が得られます。

  • 健康管理をスボラにしたい人
  • 健康管理をこまめにしたい人
  • 3日坊主な人

生活習慣病のデパート

サイヤGですが下記の疾患を持っています。

  • 糖尿病(軽度)
  • 高血圧症
  • 胸部大動脈瘤(要手術)

ほか自律神経失調症メニエール病など

診断されていますが、今回のスマートウォッチ活用は

血液関連健康管理に絞りますので承知ください🙂

高血圧がそれダメな理由

f:id:rasikusinaiG:20210526074152j:plain

沖縄に移住して

生活習慣病のデパート状態だった私は

紹介状を持って病院に行きました。

 

以前に比べて

だいぶ血圧が下がったことを自慢げに話している私Gに

 

病院の先生「なぜ血圧が高いとカラダに悪いかわかりますか?」

G「高血圧だと血管に負担がかかるんですよね」

f:id:rasikusinaiG:20210528000433j:plain

先生「Gさんの場合、このまま血圧が高いと

風船にずっと息を吹き込んでいる状態。

 

風船って、どこかのポイントで急に膨れ始めることあるでしょ。

急に膨らんだら、すこしの息でも一気に膨らみ始めます。

 

血管の壁が

今、そうなるかならないかの境目と考えてください!

このまま血圧が高いのが続くと

心臓の近くのコブ(胸部大動脈流)周辺の血管が破れます。」

 

先生が言っているイメージが映像化し

パンと破れる風船の音まで聞こえた😲

 

血圧が高いとカラダに悪い

など人ごとのように一般論を言っている状況ではなかった。

 

読者の皆さんも血圧高めであれば

=風船を膨らませ続ける絵を想像すると

生活習慣の改善につながるかもです😂

 

そんなわけで

まず健康管理のデータ化に取り組みました。

スマートウォッチ使ってみた

f:id:rasikusinaiG:20210528071126j:plain

さっそくネットで調べて、購入しました。

実験的アクションなので、できるだけ安いものにしました。

2,000円台から1万円台まで様々な機種があります。

 

予算も大事ですが

Gの場合は、下記を優先にしました。

  1. 朝の運動や朝風呂大好きなので外さなくても良い防水 である
  2. 血圧が測れる
  3. データが見やすくて管理が簡単

5,000円しない良さそうなものを入手!

機能性を確認するため

使ってみました。

 

血圧を計って表示する画面です。(正直言って、ここら辺のビジュアルセンスは

中国製あまり良くない(^^))

朝風呂入って、急いで記事書いているので血圧上がり気味。

f:id:rasikusinaiG:20210528071233j:plain

血圧が測定できる仕組み

ウォッチの裏側にはセンサーがついています。

電気信号による心拍数の測定と光学的センサーで血流測定を

組み合わせて、算出しています。

 

精度の問題、誤差など心配する人も

多いですが、サイヤG

紹介する責任として、1ヶ月、いろいろな場面で普段使っている血圧計と

比較しましたが、ほとんど変わりはありませんでした。

f:id:rasikusinaiG:20210528072608j:plain

自分のスマホと連動して

共通アプリを使うので

記録も簡単です。

 

10分おきに測って

記録する、一日の変化、1週間、1ヶ月の変化がデータとなり管理できるのです。

f:id:rasikusinaiG:20210528000016j:plain

タッチするだけで画面は変わり、心拍数も計れます。

f:id:rasikusinaiG:20210528000040j:plain

万歩計だってついている。

これも精度良いです。

f:id:rasikusinaiG:20210528000058j:plain

1日のカロリー消費もわかります。

自分のスマホと連動した共通のアプリなので、1日分カロリー消費や

1ヶ月のトータルなど簡単に表でわかります。

選ぶ時のポイント

スマートウォッチですが使う場合

選ぶ場合は目的が大事です!

 

たくさん機能がついていて

見た目の良いものもありますが

健康管理の目的であれば、絞るのが良いと思います。

 

サイヤGの買ったものに搭載されている機能も

含めてもこんな使い方をすると便利です。

健康管理したい人にメリットがあるスマートウォッチ

f:id:rasikusinaiG:20210528132439j:plain

  • 心臓疾患などにリスクがある人・・・事前に感知して警告を出します(心拍数や血圧など自分のデータを設定しておくと、警告が出る仕組みです)
  • 高血圧を長期に管理する人・・・生活スタイルや食事管理の参考になる
  • 毎日の運動を管理したい人、サボりガチな人・・・万歩計やカロリー消費などで計画的に行動できる
  • 高齢者、認知症の人の行動管理・・・搭載しているGPSで管理ができるので、家族のサポートに便利です

スマートウォッチなので

他にも

電子マネーの管理や決済

スマホとの連動による、SNS管理

スケジュール管理などの機能があります。

 

アレクサと連動させて、天気や調べ物、音楽なども

ウォッチに声をかければ答えてくれるものもある。

 

今回は「健康管理」が目的のスマートウッチなので

様々な便利〜機能の説明は

やめておきます。

まとめ

f:id:rasikusinaiG:20210528081359j:plain

1ヶ月使ってみての感想ですが

「いろいろな面倒から解放された!」

 

血圧計で計測し忘れ

記録し忘れ

運動サボりがち

 

スマートウォッチは、これらのことを

ゲーム化するように

どちらかと言うと楽しめるようになりました。

 

個人の健康管理面で役立つ

スマートウォッチですが

世の中的にも広がると便利になると思います。

 

f:id:rasikusinaiG:20210528132800j:plain

サイヤGの場合

事情があって

父母の介護は、プロの人たちに任せるように

なりましたが

スマートウォッチ、早く理解しておけばよかった。

 

腕に巻いているだけで

家族の介護は、非常に便利で楽になります。

GPS機能による行動管理や本人がし忘れてしまう健康管理も

カンタンにできます。

 

介護する人が離れていても記録も取れます。

何か心配な時には、警告(アラート)が出ます。

 

腕に巻いておいてくれるだけで

ある程度の安心や安全が担保できます。

f:id:rasikusinaiG:20210528082138j:plain

スマートウォッチですが

体温の計測する機能も出始めています。

コロナ禍で医療関係、介護関係の方や

社員さんの管理など活用の幅は広がると思います。

 

今、世の中は

他者の健康管理まで

踏み込まないといけない時代に

なっています。

 

それらのための労力は、時間やパワーにしたら

すごいこと。

 

建物の入り口で検温する。

血圧を計る家族や医療関係者。

 

電子決済のように

スマホで健康管理を示す時代が

きているのではないかと思います。

 

価格のことばかりで何ですが

2千円台から数千円で、健康管理がすすむ

スマートウォッチ、ありだと思います。

まとめ

f:id:rasikusinaiG:20210528130845j:plain

スマートウォッチの選び方は

十人十色です。

それにウォッチ側も、日進月歩で性能や機能

デザインも

変わっています。

 

健康管理が目的であれば

どんなことがしたいか?

どんな手抜きをしたいのか?

目的を明確にすると良いです。

 

ただし

最低限、こんな性能は抑えておくと良いです。

  1. 電池持ち時間(設定の仕方によりますが1週間ていどは平気なものが◎)
  2. 防水性(防水性能はIPという記号で表記されますがIP68くらいあれば、運動やシャワーなど平気です)
  3. アプリの使い良さ! これ大事(中国式の変な日本語で説明したあったり、アプリが使いにくいものがあるので、確認しましょう)

スマートウォッチは店頭で確認したり

カタログ的なものはありません。

 

人手を介さず買えるため

安いということもあるのですが

SNSで煽るような広告宣伝のものが多いので

ネットで調べて、できるだけ確認しましょう。

 

こんな時、息子さんや娘さん

おマゴちゃんに聞いて調べたほうが早いかもですよ👍

その時は

こんなことをしたい・・・と言いましょう。

《サイヤGおすすめスマートウォッチ》

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ


にほんブログ村