らしくないblog

価値観の見直し⭐️自己改造をもとに心身とも楽になる情報を発信します

さんぴん茶トリビア

f:id:rasikusinaiG:20210411080152j:plain

沖縄では定番のお茶

さんぴん茶」のトリビアです。

《目次》

さんぴん茶

さんぴん茶

中国のジャスミン茶と似ています。

 

沖縄県民なら常備している、さんぴん茶

コンビニでも自販機でも

何種類もあって、それぞれ味も香りも

ちょっとづつ違います。

 

全国の

沖縄料理屋や

コンビニでも見かけるようになっていますね。

名前の由来

f:id:rasikusinaiG:20210411085734j:plain

さんぴん茶の名前は

中国が由来です。

 

琉球王国では14世紀から16世紀にかけて

中国との交易がさかんで

その頃に伝来したようです。

 

名前も、中国で発音される

「シャンピェンチャ(香片茶)」が由来。

沖縄の方言で「さんぴん」と呼ばれるように

なったとさ(^O^)

さんぴん茶ジャスミン茶の違い

よく似ているお茶ですが

使用している茶葉が異なります。

 

さんぴん茶はウーロン茶にジャスミンの香りを

つけるのが主流。

 

一方ジャスミン茶は

緑茶などにジャスミンの香りをつけた

フレーバーティーです。

 

メーカーや配合により

香りの強さや味わいが

違うので、さんぴん茶の飲み比べも

楽しいですよ。

さんぴん茶のルーツ

f:id:rasikusinaiG:20210411085408j:plain

さんぴん茶

全国区、メジャーになる前

沖縄では

あったかくして飲むのが

あたりまえだったようです。

1990年代のころ、30年近く前のお話し。

 

今のように、冷たくして

お店で売られるようになったのは

沖縄ポッカコーポレーションの初代社長で

現会長の水田正明さんの発案と貢献です。

 

沖縄の素材なら

なんでも形(ドリンク)にしようと奮闘して今の

メジャー化につながっているようです。

今ではコンビニやスーパーで見かける

こんな商品も水田さんの発想と行動で生まれました。

 

当時

西友から伊藤忠商事がファミマの筆頭株主となって

沖縄に強い、伊藤忠商事と組んでファミマは大発展。

 

沖縄では、リユボウ(琉球貿易商事が原点)が

ファミリマートのフランチャイズ権をとり

沖縄県内に展開しました。

 

スーパーサイヤじい

20年以上前から

リユボウストアさんから照明の仕事を

いただいていたので、なつかしく思いだされます。

 

担当者さんは出世して幹部ですが

今も交流(飲んだくれ)してくれているので

移住生活、心強いです(^O^)

さんぴん茶で沖縄気分リラックス

f:id:rasikusinaiG:20210411090243j:plain

さんぴん茶の効果・効能です。

さんぴん茶の原料となっているジャスミンの花

には「ベンデルアセテート

という香り成分が含まれています。

 

自律神経を整える作用があります。

ストレスをおさえたり

脳をリラックスするために役立ちます。

 

ジャスミンのさわやかな香りは

集中力を高める働きもあります。

さんぴん茶・注意点

さんぴん茶は、緑茶などベースにしているため

カフェインも多く含まれています。

 

脳を活性化するのにはいいですが

睡眠を抑制するので

就寝前とかやめておいて朝起きて飲んだり

日中に飲むのが良さそうですね。 

 

気分が落ち込んたり

やる気が出ないな〜

というとき

さんぴん茶を飲んで

ガンバレルーヤ😄

 

引っ越しが落ち着いたら

豚バラ肉のブロック

さんぴん茶で、さっぱり煮てみようかな😋

 

 

 

お役立ち情報となったら

ポチッと応援よろしくです(^O^) 

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村