らしくないblog

価値観の見直し⭐️自己改造をもとに心身とも楽になる情報を発信します

干し椎茸の旨味で作るハッシュドポーク@ジャポネスク

f:id:rasikusinaiG:20210123084012j:plain

干し椎茸の出汁で

豚こま肉を煮込んで、ハッシュドポーク@ジャポネスク

腸活によいランチやディナーのいっちょアガリ😋

《目次》

ハッシュドポーク@ジャポネスク

日本料理の世界で三大うま味成分といえば

  1. かつお節(イノシン酸)
  2. 昆布(グルタミン酸)
  3. しいたけ(グアニル酸)

市販されている調味料は、これらの複合したものがほとんどです。

今日は、干し椎茸で

天然の調味料を使って、おいしいご飯を作ります。

▶︎材料(2人分)

f:id:rasikusinaiG:20210123101252j:plain

  • バターライス・・・300g
  • 豚こま肉・・・150g
  • 玉ねぎ・・・1個
  • 干し椎茸(どんこ)・・・4〜5個
  • 干し椎茸のもどし汁・・・200ml
  • A ドミグラスソース・・・200ml
  • A しょうゆ・・・小さじ1
  • A  味噌・・・小さじ1
  • A バター(ルー用)・・・20g
  • バター(ライス用)・・・20g
  • パセリ・・・少々

👉薄力粉などでとろみはつけない“しゃぼしゃぼ系”です。

▶︎作り方

  1. 干し椎茸をボウルでもどしておきます(できたら前日より、一晩)干し椎茸が水分を吸うため、250ml程度の水でもどします。
  2. 玉ねぎを薄切りにして、しんなりするまで炒めます。
  3. 豚こま肉、もどした干し椎茸スライスを加えて、中火で炒めます。
  4. 干し椎茸のもどし汁を加えて10分ほど煮込みます。
  5. Aの材料をすべて加えて、弱火でさらに10分ほど煮込みます。
  6. ご飯にバターをまぜてバターライスにしてパセリをふります。
  7. バターライスと5のルーを盛りつけて完成です。

▶︎MEMO

f:id:rasikusinaiG:20210123084027j:plain

ドミグラスソースのチカラは

借りますが

お味噌や醤油

干し椎茸のもどし汁でジャポネスクなお味が完成します。

バターのコク出しがトドメな、ひと品です。

 

さっぱりという表現は、ちょっと違いますが

口にもお腹にもスッと入ってくるお味です😋

まとめ

「らしくないblog」

糖質制限を前提にしたレシピ配信していますが

ご飯モノやってしまいました。

 

言い訳ではございませんが・・・

市販のカレーやハッシュドビーフなど

小麦粉などで糖質量は、けっこう多く使われています。

 

ご飯は、少なめにして

ルーは極力、糖質を使わない材料にしたレシピです。

 

1人前の

バターライスの糖質量・・・50g

ハッシュドポークのルー・・・5g

トータルで糖質量は55gです。

 

一般的なハッシュドビーフで120gていどの糖質量なので

ハーフってところです。

 

食物繊維は、干し椎茸ベースでたっぷりです。

豚肉の「アミノ酸」と干し椎茸の「グアニル酸」で

旨みたつぷりなハッシュドポーク、召し上がってください👍

 

お役立ち情報となったら

ポチッと応援よろしくです(^O^)  

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村