らしくないblog

価値観の見直し⭐️自己改造をもとに心身とも楽になる情報を発信します

簡単なおうち前菜😋キャベツのオイルサーディン巻き

f:id:rasikusinaiG:20201216070600j:plain

オイルサーディンを芯にしてキャベツを巻きつけるだけ

簡単なおうち前菜です。

《目次》

オイルサーディン

オイルサーディンは

イワシの頭・内臓を取り除いて油で茹でて缶詰にしたもの。

日本ではフランスをお手本にして、明治時代から作られています。

 

サバ缶と同様にDHAEPAが豊富で優秀な栄養満点の缶詰。

パスタにもあうし、野菜との相性も抜群です。

なかなか家庭料理では使われず出番が少ない。

 

「オイルサーディン」

呑んべいたちには支持されている

ジイは、オイルサーディン缶のまま温めて、生姜を入れて

バーボンなんぞでつまんでいたが、独り占めはもったいない。

f:id:rasikusinaiG:20201215234357j:plain

キャベツのオイルサーディン巻き

家庭で常備しているキャベツをパートナーに

おうち前菜を作ります。

▶︎材料

  • オイルサーディン缶・・・・8尾
  • キャベツ・・・大きい葉を3枚
  • 生姜(チューブ)・・・適量
  • 長ネギ(千切り)・・・適量
  • 赤パプリカ・・・1/4個
  • イタリアンパセリ・・・適量
  • A 缶詰の残り汁・・・全部
  • A オリーブオイル・・・大さじ1
  • A 塩・黒コショー・・・適量
  • A レモン汁・・・小さじ1
  • レモン・・・輪切り1枚

👉缶詰の残り汁は、オイルと出汁がまじって塩味がちょうどいいです。

オリーブ油とレモン汁、塩・黒コショーで調整してください。

▶︎作り方

  1. キャベツの外側、大きい葉を3枚、軟らかく煮ます。
  2. 茹でた3枚のキャベツを重ね広げて、縦10センチ横20センチくらいの大きさにします。
  3. 2にオイルサーディンとネギの千切りを横に並べます。生姜もまんべんなく添えます。
  4. オイルサーディンが芯になるように手前から、グルグルとすこし強めに巻き込みます。
  5. 一口大の大きさにカットして、真ん中に赤いパプリカを配置してお皿に盛りつけます。
  6. オイルサーディンの缶詰に残った汁にA材料で“追いオイル”して、レモン汁、塩コショーで調整して全体にかけまわします。
  7. イタリアンパセリとカットしたレモンを飾って完成です。

👉キャベツはくったくたに、柔らかめに煮ると巻きやすいです。

▶︎MEMO

f:id:rasikusinaiG:20201215231413j:plain

キャベツの茹で時間で材料を用意するだけなので

ものの10分もあれば完成します。

 

思いついて、チャチャッと作ったので

あらい出来栄え、飾りつけですが味は保証します😋

なんせオイルサーディン缶、完璧ですから。

キャベツも茹でて、あまーい!

 

一口でいただくイワシの旨味と、キャベツの甘み

いい脂のハーモニーが広がります。

 

和食にもイタリアンにも

Xmasにもあう

おうち前菜、一品です。

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村