らしくないblog

価値観の見直し⭐️自己改造をもとに心身とも楽になる情報を発信します

シャレ乙にしたおでん鍋

今週のお題「鍋」

f:id:rasikusinaiG:20201117154816j:plain

おでんの季節

和洋折衷の素材で

シャレ乙な、おでん鍋です。

《目次》

シャレ乙おでん

コンソメスーブで色々な素材を

いただく、おでんです。

 

皆んなで食卓でつつくのに

取りやすいよう

ぜんぶ串刺し(^O^)

串カツメニューではありませんからね。

▶︎材料

f:id:rasikusinaiG:20201117154829j:plain

《材料 ひとり1串》

  1. 豚バラ肉
  2. ベビーほたて
  3. うずら
  4. トマト
  5. かぼちゃ
  6. ブロッコリー
  7. ちくわ
  8. モッツァレラチーズ
  9. 玉こんにゃく(茹でておきます)
  10. 玉ねぎ(写真に写っていません(^O^))

《おでんスープ/人数分》

《めっちゃコスパなフランス産白ワイン》

▶︎作り方

  1. 材料を3つにわけて1本の串に刺して用意しておきます。
  2. お鍋に水を張り、コンソメの素・白ワインを入れて一煮立ちさせ、塩・黒コショーで味を整えます。材料からも出汁が出るので、ひかえめの味スープにします。
  3. 鍋に材料を入れ縦にして、ひたひたのスープで10分〜15分アクを除きながら煮ます。
  4. 煮立ったら、お好きなものをとっていただきます。

👉コンニャク、ちくわは長めに煮込んでいただきます。

👉モッツァレラチーズ、プチトマトは

加熱でくずれやすいので、食べる前に鍋にいれ温めるていどでいただきます。

▶︎MEMO

f:id:rasikusinaiG:20201117154854j:plain

出汁のかわりのコンソメスープ

安価な白ワインでしたが、入れたのは正解!

スープにキレがあります。

 

おひとり様、10串

けっこうボリュームありバリエーションも👍

おでん屋さんらしい、おでん

「おでん」

全国のオヤジたちを中心に、ゆずれない「おでん」あると思います(^O^)

静岡の黒おでん、博多の屋台、関西出汁のおでん。

みなさんの地元愛やこだわりあると思います。

 

全部、美味しいのだけれど

東京生活では、浅草の「大多福」さんに長年通っていました。

創業100年の歴史を感じるおでん屋さん。

 

Go To Eat利用や

東京でお遊びや出張のときにオススメです。

otafuku.ne.jp

 数年前までは

こんなたたずまいでしたが

今は改装も終わり、つぎの100年にむけているそうです。

f:id:rasikusinaiG:20201118061650j:plain 

まとめ

今回レシピ

「おでん」らしくないですが

おでんと言うことにしてやって

くだせい。

 

屋台やカウンターで、食べるおでん

1人やふたりで食べる、おでんもいいのだけれど

 

幅広い年代層にあわせた食材で

みんなで、ひとつ鍋からつつくのも

ときにはいいですよ。

 

おでんだからと言って

素材、決めつけずに自由にいってみましょうよ😋

《秘伝のスープを受けついでいない人はコチラおすすめ!》

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村