らしくないblog

価値観の見直し⭐️自己改造をもとに心身とも楽になる情報を発信します

「姿勢をかえる」習慣で楽になる

f:id:rasikusinaiG:20201116082851j:plain

脳学者の中野信子さんの著書を読んでの受け売りですが

姿勢をかえるだけで、脳内に幸せホルモンが分泌されて

ストレスが減るらしい。

習慣によって、カラダやココロが楽になる方法です。

《目次》

スマホ猫背のデメリット

この数十年で、我々の普段とっている姿勢が

どんどん悪くなっている。

 

パソコンやスマホ普及、使用する時間が長いなどが原因としても大きい。

姿勢の悪さは、脳内ホルモンや精神状態まで関係するそうです。

 

パソコンやスマホの活用は

他とのコミュニケーションやSNS利用の仕方など

さまざまな問題をかかえていますが

この記事内容としては「悪い姿勢」だけに注目してほしいです。

f:id:rasikusinaiG:20201116082915j:plain

姿勢をかえるとホルモンバランスがかわる

「かたち」や姿勢をかえると脳内で分泌されるホルモンが変化するそうです。

わかりやすい例がブランド品やかっこいい服装で

他人に見られるだけで、気持ちは変化します。

 

「姿勢」も同様に、背をまるめて自信なさげにいるよりも

背筋をピンと伸ばして胸をはるだけで「テストステロン」という

雄性ホルモンが分泌されて、ストレスホルモンが減ることが確認されています。

 

瞬間的に劇的に、変わるわけではありませんが゜

積み重ねでいくことで、自己肯定感を育てていく手段にもなります。

ちょっとずつ変化

人生第四コーナーで大きな失敗(>_<)

復活をちかい自らをスーパーサイヤ人にかけ

ブログをはじめて1年近くになろうとしています。

その当時、カラダとココロはズタボロ。

ふつうの精神状態だけでなく、カラダの疾患も多く見つかりました。

 

そこで始めたのは

  1. 食事をかえる
  2. 運動をする

この2つですが、運動はなかなか実行できず「その気」は

あるのですが・・・

 

そこで、小さなことからやろうと決め

毎日、決まった時間にラジオ体操第一を

やることにしました。

f:id:rasikusinaiG:20201116093031j:plain

しかもアレクサを使い、強制的に音楽がかかります。

自分に言い訳をして、止めようものなら

自己嫌悪におちいるので、有効な方法です(^O^)

 

3分15秒の体操をすると

  1. 背筋が伸びる!
  2. 呼吸が楽になる!
  3. ココロも落ち着くではないですか!

それに毎日、続けていることで

小さいことですが自信もつきます。

「3ヶ月続いた 半年つづいた 習慣にできました💮

 

不思議なことに3分すこしの体操を習慣にしただけで

ストレッチを意識するようになり、日に何度もカラダを伸ばすようになりました。

運動=気持ちがいいが植えついたため

自転車に乗るようになりました。

 

コロナで遠のいていますが、ジムなんかもいいかなと。

自宅でできるアレクサと組んだオンライン・エクササイズも検討中。

 

《何か始める時の秘書や助手に便利!》

 

プラスの連鎖

「やる気」

気持ちだけはあるのですが

最初の一歩が踏み出せない。

そんな時には、やりたいこと、成し遂げたいことに関連する

カンタンな小さなことから始めると良さそうですよ。

 

3ヶ月、半年、1年とやり続けると

欲がでます。

小さな自信が、すこしづつ雪ダルマのように大きくなっていきます。

f:id:rasikusinaiG:20201116095630j:plain

背中をまるめがちな現代人、私たちですが

姿勢を3分なおしてみる

3分ちょっとの体操をしてみるなど

習慣にしてみましょう。

 

知らず知らずに自己肯定感が高まります。

本から「知識」を得る習慣

f:id:rasikusinaiG:20201116114207j:plain

むかしからの習慣ですが「読書」

中野信子さんの著書にもありますが、

いくつになっても、知識や経験を蓄えていくことが

大事。

 

有効な方法は「読書」だそうです。

Web上でブログでも動画でも何でもできるじゃん!

今は・・

とおっしゃりますがWebと読書と決定的に違うのが

「信頼性・信用度」

 

パソコンやスマホで、氾濫気味の情報はとれるし

SNSを使えば、いくらでも情報は手に入ります。

 

しかし、エビデンス

裏付けがないものや、他人の好奇心や欲をあおりたいあまり

オーバーな表現となっていたり、自分勝手な恣意的な表現も多い。

 

それらを真に受けて、自分の機嫌をそこねたり

一喜一憂していたら、身が持ちません。

ココロが疲弊してしまう。

 

「本」は、世の中に出るまでに様々な人たちが

チェックをします。

それぞれ、本を書く人、つくる人、売る人の思惑はありますが

いずれにしても専門家、プロとしての複数のチェックがはいります。

 

「読書」人類が培ってきた英知を活用することができます。

本を先生や師匠と考えると、すごく楽です。

 

いつでも先生をかえられる。

好きなときに会えます。

ひとりぼっちと思った時も、自分の師は味方してくれます。

 

自分が楽になる習慣

自分のペースで

自分の好みで続けてみましょう。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村