らしくないblog

価値観の見直し⭐️自己改造をもとに心身とも楽になる情報を発信します

タネもしかけもな〜い「アボカどーふ」

f:id:rasikusinaiG:20201024073245j:plain

豆腐もどきを作りました。

アボカドを豆腐っぽく😋

《目次》

アボカどーふ

アボカドのコクのあるクリーミー

森のバターと呼ばれ、カラダが喜ぶ油がたくさん含まれています。

 

そんなアボカドを豆乳で固めて、お豆腐のようにすると

アナタの体も健康も、楽しめちゃう。

▶︎材料

f:id:rasikusinaiG:20201024083702j:plain

  • アボカド・・・1個
  • 無調整豆乳・・・100cc
  • 生クリーム・・・100cc
  • ゼラチン・・・4g
  • 水・・・少々
  • 塩・黒コショー・・・少々
  • オリーブオイル・・・適量
  • 生ハム・・・適量

👉「アボカどーふ」にのせるトッピングですが

生ハム以外にも、スモークサーモンやアンチョビ、赤みのマグロなど

お刺身などもあうと思います。

▶︎作り方

  1. アボカドを乱切りにして、豆乳・生クリームをいっしょにミキサーにかけます
  2. 1を裏ごしして、鍋で沸騰する直前まで火にかけます
  3. 2の作業の間に、ゼラチンを水にふやかしておく
  4. 沸騰直前になったら、火を止めて、3のふやかしたゼラチンを鍋に入れてよく混ぜます
  5. 4の粗熱がとれたら、ステンレスや陶器などの器に流しいれます。
  6. 1時間もすれば冷え固まりますので、器にもって、生ハムをうえに飾ります

👉5ですが、アボカド粘りがあるので、タッパーで冷やし固めると、取り出すときに外れにくくなります。

ステンレスや陶器の器で、流し込む前にしっかりと冷やしておくと、外れやすいです。

f:id:rasikusinaiG:20201024075029j:plain

👉「アボカどーふ」の、つゆというかドレッシングですが

生ハムの塩気を利用して

オリーブ油をたっぷり

黒コショー多め

でイケるかと思います。

 

味が足りない場合や

生ハムを使わないときは、粗塩や美味しい塩を足すとよいです。

スーパーサイヤじい、やってみましたがバルサミコ酢おすすめ👍

食している後半だったので“どーふ”が無残となっていて写真、残せませぇん。 

▶︎MEMO

f:id:rasikusinaiG:20201024073449j:plain

食感は沖縄のじーまみ豆腐や胡麻とうふのように、ねっとりとしています。

無調整の豆乳を使うので、アボカドの味がしっかりと主張している。

生ハムの塩気とオリーブオイルが「アホカどーふ」を引き立ててくれる。

 

アボカド1個の栄養とうまさ

つるんと食べられます。

生ハムやほかのタンパク質といっしょに組み合わせると

効果的に、アナタの体のエネルギーになります。

 

食物繊維もたくさんとれます。

食物繊維は、水溶性も不溶性もバランスが良く、腸活にも最適です。

まとめ

f:id:rasikusinaiG:20201024091037j:plain

お豆腐ですが、驚いたことに今まで「基準」がありませんでした。

製造方法も大豆の分量、割合なども明確でなく

キャッチーな商品名だけが店頭にならんでいます。

 

昔ながらのお豆腐屋さんは

きっちりとモノ作りをしていても

大きな会社が、大量生産、大量販売するとなると

大豆を薄める、保存がきくように化学調味料、保存料は

どっさりと・・・

 

でも

新しい分類表示のルールが変わろうとしています。

大豆の割合や製造方法など分類されるため

消費者は、きちんとした選択ができるようになります。

 

私たちが口にするもの

何からできていて

どんな風に作られているか?

気にしていたいものです。

 

今回レシピも豆腐のフェイク。

もどき、ばったもんです😋

 

無調整の豆乳は使っていますが

豆腐ではありませんm(._.)m

しょせん豆乳ゼリーでございます。

 

アボカドの新しい食べ方として楽しんで

みてはいかがてじょうか。

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村