らしくないblog

価値観の見直し⭐️自己改造をもとに心身とも楽になる情報を発信します

気のめぐりをよくするスーパードリンク【レモンジンジャーのスパイス漬け】

f:id:rasikusinaiG:20201013072836j:plain

へんな勧誘ではありません。

整腸食材で、心のデトックスをしましょう。

《目次》

腸がつまっていませんか?

漢方では、腸がつまってくると「気」がふさがると言います。

日照条件の変化とともに「陽」から「陰」の時期にはいります。

 

気温が下がり、湿度も下がるため

肺や大腸に負担がかかります。

カラダ中が乾燥するので、腸で作られる

幸せホルモン分泌も停滞しがちです。

 

着るものは、冬に向かって半袖から長袖、生地も厚くなってぬくぬく

ですがカラダの中をぬくぬくにしないと

悲しさや虚しさを感じやすくなってしまう。

冬の準備によい食材

f:id:rasikusinaiG:20201013090517j:plain

「腸」を刺激して活発にする食べ物として

レモンと生姜がよく知られています。

 

今回レシピでは、スパイスの「クローブ」を加えて

「レモンジンジャーのスパイス漬け」

レモン効果
  • 腸を刺激して動きを活発にします
  • 香りにはリラックス効果がある
  • 柑橘系でトップクラスのビタミンCとクエン酸で抗酸化力
  • 肝臓の働きをよくする

👉漢方でも西洋家庭医学でも「柑橘類」はストレスを減らす食べ物

生姜効果
  • 胃腸の働きをよくする
  • 抗炎症作用
  • 健胃作用
  • つわりや生理痛をやわらげる
  • がんのリスクを下げる可能性がある
香辛料のクローブ

f:id:rasikusinaiG:20201013091202j:plain

そして「クローブ

最近ではお店の売り場でも料理の調味料として置いてあります。

 

原産地はインドネシア

香りの良いチョウジという植物の花蕾(からい)です。

香辛料や生薬としても使われます。

 

今回レシピでは、レモンと生姜に

クローブを加えて「レモンジンジャーのスパイス漬け」

にします!

白湯(さゆ)

レモンも生姜も整腸、腸活に良い食材ですが

秋冬は、ホットにして胃腸を温めながら摂りましょう。

レモンジンジャーのスパイス漬け

▶︎材料

f:id:rasikusinaiG:20201013083701j:plain

  • レモン・・・2〜3個
  • 生姜・・・1かたまり
  • ハチミツ・・・小さじ1
  • クローブ(ホール)・・・5〜6粒

▶︎作り方

f:id:rasikusinaiG:20201013083727j:plain

  1. レモンと生姜を薄切りして交互に重ねてクローブもいれます
  2. ハチミツを小さじ1〜大さじ2、好みで入れます
  3. 数時間で、レモン果汁が出るため水分量が増えますが2〜3日漬けおけば完成

👉ハチミツの量ですが、少なくても多くても

味やできあがる量にあまり関係ありません。

甘めが好きな人は多めに。

ハーブ系のティーのように味わいたい人は少なめが良いです。

まとめ

f:id:rasikusinaiG:20201013083744j:plain

このドリンクは

続けないと効果がありません。

 

夏は、美味しいお水をチョビチョビ飲みすると効果があります。

カラダのめぐりや胃腸は、一度にたくさんの水分を

吸収して栄養にすることができません。

 

このスーパードリンクも、1時間くらい

おいて温かい飲み物をカラダに摂ると良いでしょう。

f:id:rasikusinaiG:20201013091726j:plain

スタバやコンビニのcoffeeも美味しいけれど

朝イチに白湯でわって、携帯ボトルにつくっておけば

オフィスでもおうちでも

めんどうもありません。

 

アッツ熱でなくても、飲み頃も

ちょーどいいしね👍

 

毎日、何回かにわけてドリンク@ドリンク

1週間くらい続けてみましょう。

 

スーパーサイヤじい、ホットな焼酎にもまぜて

夜の部でも続けています😘

「マジメでしょ腸活」

 

ストレスを減らしながら、おちついた気分が続くはずです。

「継続こそチカラとなり安定しますよ😋」

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村