らしくないblog

価値観の見直し⭐️自己改造をもとに心身とも楽になる情報を発信します

批判と意見の違い・怒りをおさめる方法

f:id:rasikusinaiG:20200826145352j:plain

今、先のことが見えないためか世の中に「怒り」が増幅している。

コロナ禍の影響で【世界同時多発・怒り】

このままではアナタもあなたの大事な人も「戦い」に巻きこまれてしまう。

《目次》

批判と意見の違い

ネットやTVで見かける「批判」いつでも怒っている人が増えている。

 

言論の自由を、批判の自由と勘違いしている人がたくさんいるね。

ルールを無視して相手への思いやりがない。

単なる批判や誹謗中傷は、刃物より怖い。

 

傷口は縫えないし、広がってしまう。

ときには、人の命さえ奪ってしまう。

 

相手への思いやりもないルールを守らない人間が

パソコンやスマホなんか持った日にゃあ、てーへんだ。

 

昔だったら、道ばたでブツブツ文句を言っている変な人

として扱えば良かったが

誰でも編集長、誰でもテレビ局の時代になっちゃった😟

 

単なる批判を繰り返す人や「怒り」は、どこから来るのだろうか。

「怒り」の正体

f:id:rasikusinaiG:20200827082821j:plain

かく言う私ですが、昨年まで自分の会社やビジネスを手放すまでは

毎日、怒りや批判を繰り返していました。

 

なぜなら、こわいからです。

いつも不安だから。

 

みんなも気がついているけれど

トランプさん、不安で不安でしょうがないから

いつも怒っているでしょ。

自分の不安を打ち消すための「怒り」

調子がわるく余裕が持てない場合は

自分の「安心」を得たいために誰かを悪くする。

自分をえらく見せるために、誰かを生け贄にします。

 

相手が悪い(責任なすりつけ)

相手がバカだちょんだ(見下す)

自分の弱さや自分の不安がトリガーとなって「怒り」が発動。

 

物事がうまくいっているときは自己肯定感もあるため「意見」が言えます。

状況が悪くなると他人を「批判」するようになります。

 

人を批判する場合や怒りがわいているのは、自分の不安の裏返し。

自分のコンプレックスからきているのです。

喧嘩するほど仲がいい

f:id:rasikusinaiG:20200827093407j:plain

家族でさえ、怒りはぶつけます。

子供への怒りは、自分の弱さや自分に似たへっぽこが見つかると

怒ってしまう。

「なんで悪いところだけ自分とよく似ているのだろうか」

 

夫婦の場合

怒りは、自分の弱さを指摘され見透かされていると思う

反動で怒りがわいてくる。

はっきり言えばコンプレックスがもとだ。

 

「ちょっとくらい目をつむっておけよ。

三密も四蜜も積み重ねてきた仲じゃないか(╹◡╹)」

なんてね。。。

 

家族やカップルは、相手がある当事者同士だから、それはそれで良いと思う。

夫婦生活は

似た者同士や、逆にタイプの違った人が一緒になって、自分の不足を

修行をするようなものだから😄

怒りや小さな小競り合いをして、また仲良くなればいい。

時には喧嘩もいい。

 

「自分も相手も修行」修験者だ!

他人への怒りは気をつける

しかし、他人に対して

批判を簡単にする人や怒りをぶつけてくる人

不特定多数に対して行い、自分の正体を明かさないから始末が悪い。

ネットなどで言いっ放しが多い。

 

このことからもわかるように、怒りを持ち続けている人は

いつも不安でしかたないから・・・弱いから。

弱い人と、みられたくないから「怒り」をぶつけやすい相手を見つけては

自分を少しでも強く見せたいのだろう。

 

怒りの正体は、自己肯定感が足りていない不安の裏返し

自分の怒りを抑えて相手の怒りから守る方法

f:id:rasikusinaiG:20200827090234j:plain

コロナ禍をきっかけとして

経済(お金)・健康(命)の不安が続くので、怒りは増殖していく思われます。

不満、批判、怒りvs怒り、小さな争いの先には戦争。

 

そんな世界で

自分の怒りをおさえたり

相手からの怒りをうまくかわすには、どうしたら良いのか?

  1. 生きている
  2. 家族がいる
  3. 友達もいる

まず、これだけの自己肯定があれば生きていられる。

だいじょ〜ぶだ〜😄

全てを失っても元気がとりえのスーパーサイヤじいが保証します。

 

もちろん、これから生きていく不安はたくさんありますが

商売やビジネス、お金系のことは

自分に怒りのエナジーを内にむけてファイトすればいいだけ。

 

自分も他人も奇跡の繰り返しで、その人の人生が成り立っている。

存在を認めあい知り合うこと。

f:id:rasikusinaiG:20200827100828j:plain

「へぇ〜、そんな考え方もあるんだ」

価値観の多様性を知ると面白い人生になりそうです。

色々な人がいるから面白い人生になる

 

批判より、怒っているより「意見交換」の方がいいじゃないですか。

怒りをもつ必要なんて、ほとんどない。

怒りを意識した時の対処法

f:id:rasikusinaiG:20200827100345j:plain

「怒り」は自己肯定感の不足がトリガー(引き金)になる!

これさえわかれば、思考回路をかえることができます。

 

感情に左右されずにアナタの魂は、過去や未来に自由にいけるようになります。

鳥の目を持ったように、遠くから自分や怒っている人を

カラダや頭からいったん離れて見ることができます。

 

目の前の「怒り」を目で見たり、聞いていると

ロクなことがない。

甲高い声、がなる声、ひきつった目や口元。

これにのってはいけない。

 

怒りを抑えるための具体的な方法です。

  1. 深呼吸をして呼吸を整える
  2. しゃべりたいことや反応したいことがあっても一時停止
  3. そして、頭の中で自分の過去や未来にいく。相手があるならその人の未来や過去に意識を集める

「この人の怒りは、どんなコンプレックスからきているのだろうか?」

「自分の怒りは・・・あの時のトラウマか、ナルホド」

 

冷静になると自分や他人の「怒り」まで認めてあげることができます。

相手をコケにしたり、相手のアラを探したり

自分がマウントとるようなことは意味がありません。 

怒りVS怒り

この構図はよろしくない。

ただし・・・「怒り」注意点

f:id:rasikusinaiG:20200827093203j:plain

自分や大事な人が傷つけられるのを防ぐため

戦う覚悟があるとき「怒り」は仕方がない。発動すべき。

戦う覚悟をもったときには、怒りはバネにしなければならない。

競争から協力

人間は文明を手にした時から、いやもっと前から

言葉や文字でコミュニケーションをとり、みんな一緒になって生きのびてきました。

マンモスだって倒してきた。

 

争いはいくらでもあったはずですが、それは生死など生命財産をかけての話し。

批判や怒りの大安売りはやめましょう。

 

競争しても、上には上があります。

5年も10年も、一生勝ち続ける人生なんて、あったらいいけど

あったとしても、アナタは何に勝ちたいのよ???って話し。

 

貨幣価値がかわっていく可能性は非常に高い。

年金や保険制度の崩壊、仕組みの変化可能性も高い。

富の一極集中はますます進み、弱者と呼ばれる人が多くなる。

(本当に強い人間は、強者・弱者など区別はしない・比較は意味がないことを知っているのが強者だから、呼びたい奴には弱者と呼ばせとけばいい)

 

この先10年

アナタは貴方だけが例外だと思いますか?

 

それよりも、縄文人たちのように協力しあい、楽しみながら生活をしましょうよ。

批判をくりかえしたり、いつも怒っていたら協力は成り立たない。

 

タイムマシンがあったら縄文人

「魂・たいした進化してねえな」って言われちゃうかもね。

 

スーパーサイヤじい、オススメの2冊

人間は進化ではなく退化するように作られていた???

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


にほんブログ村

らしくないblog - にほんブログ村