らしくないblog

価値観の見直し⭐️自己改造をもとに心身とも楽になる情報を発信します

本番前にオヤジがバテないための「ナスと帆立貝柱の南蛮漬けサラダ」

f:id:rasikusinaiG:20200630195943j:plain

個人的に惣菜で大好きなのが「南蛮漬け」

焼きなすもいいけれど帆立貝とあわせて、夏らしい南蛮漬けにしました。

《目次》

 

なすと帆立貝の南蛮漬けサラダ

f:id:rasikusinaiG:20200630195230j:plain

サラダのようにしたかったので

ナスとホタテ貝を一晩、南蛮漬けにしておいて

ミョウガとネギをたっぷりとそのままのっけ。

 

「策士ではないけれど溺れてしまった!」

ナスがいい色につかったのに、お皿のせいで見えにくいですよね

 

チョット前の記事で、食事は色だなどとエラそうなこと言ってしまったが。

夏らしい雰囲気を出したかったのですが

同系色になって主役のナスがカメレオン状態😀ははは

ナスとホタテ貝の栄養

ナスは味はみんな大好きですが

栄養もポリフェノールの一種「ナスニン」が豊富。

90%以上が水分ですが、バカにならない特有の栄養が!

  1. 「ナスニン」ホリフェノール/抗酸化物質
  2. カリウム塩分の排出に👍
  3. 「食物繊維」消化を助けます

夏が似合う野菜のわけだ。

ナスの栄養は皮にかたよっています。

 

栄養素は水に溶け出しやすいので「油」でコーティングするのが最適な料理方法。

スープで全部食べも良いですけどね。

たくさんの量を食べて栄養素を摂りたい野菜です。

 

ホタテ栄養

ホタテ貝もナスに負けず、オトナ向け栄養たっぷり。

疲労回復や脳内伝達に良いビタミンB1

 

タウリンは心臓や肝臓の働きを助けます。

ヘタってきた親父たちにピッタシの南蛮漬けになりそうだ😄

材料&作り方

f:id:rasikusinaiG:20200630195527j:plain
《材料4人分》
  • なす・・・大4本(小なら6本)
  • ほたて貝柱・・・12個
  • 鷹の爪・・・適量
  • 酒・・・小さじ1
  • 酢・・・大さじ6
  • A だし・・・大さじ6
  • A しょうゆ・・・大さじ2
  • A みりん・・・大さじ4
  • A 塩・・・小さじ1/2
  • 小麦粉・・・適量
  • 油(揚げ油)
  • みょうが・・・3個
  • 長ネギ(千切り)・・・1/3本
  • 青じそ・・・適当
《作り方》
  1. なすはヘタをとり、半分して格子状の目をいれます。1個のナスを4〜6等分にします。ホタテにはお酒をふっておきます
  2. 鍋にAを入れて、鷹の爪も加えてひと煮立ちします。火から下ろして冷めたら酢を加えます
  3. フライパンに油を入れて180度に熱して、ナスを3分ていど揚げます。
  4. ホタテは、水気をふいてから小麦粉をまぶして揚げます
  5. 揚げたナスとホタテを熱いうちに、つけだれに入れて味をなじませます
  6. ミョウガやネギ、青じそを千切りにして盛りつけます。

まとめ

今年の夏もキツそう😨

そこにマスクも加わってしまうからね。

www.rasikusinaig.info

オヤジたちに食べてほしいけど

作るのも簡単。

揚げ物もフライパンで少ない油でやれば

なんてことない!

奥さんや子どもたちにも作ってあげたら喜ぶよ👍

 

パワーたっぷりのナスと帆立貝、酢をきかせた南蛮漬けで一杯やりながら

みなさん、お身体ご自愛くださいね。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ