らしくないと楽

価値観の見直し⭐️自己改造をもとに心身とも楽になる情報を発信します

ZOOMで相手をイラつかせていないか?バーチャル時代の話し方

f:id:rasikusinaiG:20200508104047j:plain

「新しい生活様式」ではZOOMを含めて

ビジネスもプライベートでも動画を使う会話、コミュニケーションが

増えていく。

 

そんなときアナタは知らず知らずに相手をイラつかせているかもしれない。

相手をひきつける会話とは・・・

 

《目次》

 

話がつまらない人の特徴7つ

家族や友人、パートナーたちとのコミュニケーションに

テクニックは不要ですが、複数の多様なメンバーによる

リモート動画コミュニケーションでは、話し方のコツが必要です。

 

リモート打ち合わせや会議はコツがいる

Sサイヤじいですが、今の状況はさておき

事業をしている時には

長野に本社と工場をおき

東京、大阪、九州、沖縄、海外に営業所を展開していました。

 

効率のため

10年前からテレビ会議システムやスカイプによる会議・ミィーティングを

仕事にとりいれていました。

 

今や、リモートワークやZOOMミィーティングなどが日常化しています。

コロナきっかけで、やたらと多くなったZOOMや動画コミュニケーション。

 

けっこう大変ですよ。

私もあちこちの集まりに参加することが多く

「リモートワークの話し方」

気がつくことが多いので「注意点とその対策」まとめてみました。

特に40歳代以上は、注意したほうが良い話となります。

 

動画をつかった、リアルガチなコミュニケーションを成功させるには

コツがあります。

 

まずは、相手が嫌がりイラつく話し方には共通点があるので

これを知っておきましょう。

f:id:rasikusinaiG:20200508103905j:plain

話がつまらいないヒト7選

1️⃣自慢話を入れる

人は誰でも、自慢話を聞くのが大っ嫌い。

うまいものを食べた話し・値段が高いお店に行った、買ったなど

本当のことでも話すことはやめたほうが良い。

特に昔の武勇伝などは、もってのほか。

 

2️⃣ペコペコしすぎ

思ってもいないのに、やたら謙遜する話し方の人はマイナスの

イメージが伝わり「場」のパワーを低下させます。

適度なカジュアル感が必要です。

 

3️⃣皆が知っている話しを持ち出す

ニュースネタなど皆が知っていることをなぞる人は、面倒臭い。

持ち出すのは良いが、それでどうした・こうしたら良かったなど

自分の話や意見にしないと時間のムダ。

 

4️⃣マウントとりたいだけの威圧的な話し方

社長や上司、メンバーのリーダー格が、割り込んで話をしたり

悲観的な発言で場のムードを悪くする。

知っている話でも反論があったとしても、まずは「聞いてくださいな」

f:id:rasikusinaiG:20200508142731j:plain


リーダや年配のヒトは、 実に多い。これが

「ハイハイ わかりました」と心の中で思われるのがオチ。

気をつけた方がいいですよ。

 

5️⃣ていねい過ぎる言葉づかい

「コロナ禍のなか、みなさまご苦労されていることと・・・」

「うるせーよ! 早く本題(本音)でしゃべっちゃって」

ていねい過ぎると、何が言いたいかわからないですよ。

 

6️⃣自己紹介が長い

職業・会社名・役職など仕事の場合の身元的なことは

事前に名刺を司会者や、通信する相手にデータやメールで渡しておけば

よい。

現在、何をしているとか相手にとって関心があるテーマにした自己紹介を

しないと、インパクトうすい。

 

7️⃣意味のない質問をする

「そちらの天気はどうですか?」

「どちらにお住まいです?」

「ご家族は?」

 

ビジネスやプライベートでも「聞いてどうする」

だから何なのよ‼︎

質問はダメ。

 

誰にでもある話パターン

これら7パターンは、誰にもあてはまることが多く

知らず知らずにしているケースが多いです。

 

日常会話やプライベートでは相手によってもゆるされることが

ありますが

【リモートによる動画】では、よく知らない相手が

スマホやパソコンの先にいることを想像力を働かせて

話すのが良いです。

 

 

話は1分で終わらせて発言回数を増やせ‼︎

f:id:rasikusinaiG:20200508104458j:plain

SNSの発達、変化によってかえるべき「話し方」

昭和に生きた世代「10分」

平成で活躍した世代「3分」

令和ジェネレーションは「1分」

 

これは、あくまで個人的な感覚と言っておきますが・・

ビジネスで

リモート・コミュニケーションをとりたいときに

話す人が必要とする時間感覚です。

 

話の内容にもよりますが

時代の変わり方(SNS発達)によって、

伝わる情報量や質もかわってきています。

 

多様なコミュニケーションツール、SNSの発達により

自己アピールやプレゼン方法は、時間を短縮しないと

伝わりにくいことは間違いない。

 

TikTok・インスタグラム

など今、ひろく受け入れられているSNS

瞬間的や直感的に、その目的や意図することが伝わらないと

「関心や興味」はうすらいでしまいます。

 

ZOOMやスカイプなど複数のヒトや多彩な顔ぶれが参加する場合

時間が短くインパクトのある話し方をするほうが有効的です。

 

その持ち時間は「1分間」

パソコン1画面、スクロールしないで見ることができる

情報ですが、文字を自分の言葉にして話してみたら、間や言い回し方

などで1分くらいです。

 

けっこうな事、話すことができます。

3分、自分の文章を読み上げてみてください。

すばらしい内容でも、あきあきしてしまいます(失礼m(._.)m)

 

リモートで、相手が見えないと

聞く側も、集中できる時間は限られます。

画面からハズレてしまえば、鼻くそホジホジしていてもわかりませんから😞

 

話すときには「1分間ルールを守ると

相手は集中してくれます✌️

 

◾️集中力を高めたい人へ


参照元:ずっと続く集中力の作り方

   

バーチャルな時代・相手を魅了する話し方とは

「リモート会議」昔から知ってたよ、的な自慢をしたSサイヤじいですが

実のところシステム導入は大失敗でした。

 

10年以上前に機材やシステム料で5百万円ちかい投資をしたテレビ会議ですが・・・

  • 意見は出ない
  • 出てくるのは情報の共有だけ
  • 会議終わっても、何も生まれない

結局、社長として全国を調整しにまわってる始末。

ムダにお金を投資しただけ。

 

そこで身にしみたのが

コミュニケーションの目的は「心を通じ合わせること」

 

情報の共有や確認であれば、メールですみます。

 

顔をあわせてとるコミュニケーションの場では「ハラスメント禁止」

当たり前と思うかもしれませんが

複数の相手が、目の前に見えていないと

意外とデリカシーがないことが言えてしまうので要注意です。

 

ZOOMなどでは

自分のアピールや主張よりも、相手の本音や言い分を聞き出すことに

徹するべき‼︎

f:id:rasikusinaiG:20200508143632j:plain

スムーズなコミュニケーション・どうすれば良いのか?

司会者やリーダー、立場などさまざまな人が

参加するリモート・コミュニケーションでは

相手を引き出すことで逆にカブを上げてアナタの存在感を示すことができます。

 

リッパなことを言おうとか

目立つ必要もありません。

キッカケを作ることに徹すれば良いのです。

これだけで集まりに参加する目的はOKです。

 

サッカーの試合と同じように、球にさわれるのは、何回もないかもしれません。

チャンスを活かすため、ボールがどこにあるか

注意していれさえすれば、成功します。

 

1) 相手からのなぜ? どうして? を引き出す 

会話の糸口を作れれば、アナタは人をリードすることができる。

自分の考えや意見があったとしても・・・「これってさ、どうなんだろうね???」

と会話が盛り上がる、投げかけをする。

 

池に、小石を投げて小さな波紋かもしれないが、ときには大きくなるうねりになるかもよ。

 

2) ピエロ役をかって出ろ‼︎

突っ込みやすいネタを用意する。

 

知ったかぶって、情報をアピールするよりも

人にツッコミをいれられるようなネタを作るとよい。

 

「なんだ〜お前、そんなことも知らないの」

と言われても、アナタが着地点を決めていれば、ミィーテイングや会議、飲み会は

うまくいくはずです。

 

かっこよく見られるとか、物知りに見えるとか

そんな、ちっぽけなプライド、捨てた方がいいよ。

 

3) 相手によって内容もしゃべり方をカスタマイズする

相手にこびへつらうということではないです。

アナタは恋人と話すのと、イヤな上司と話すとき、同じ話し方を

しますか?

 

コミュニケーションをとる目的は

相手の気持ちを引き出して心を通じあわせること。

 

であれば、カスタマイズは必要ですよね。

画面に自分が映ってると言って

芸能人や有名人と勘違いしていたらムダです。

 

人はアナタが考えてるほど、他人に興味はありません。

発言したことなど1割も覚えていないのが現実です。

 

だからこそ、心を通じ合わせるためのコミュニケーション方法

を工夫しましょう。

 

《大きな会社でも心配な時代に突入。アナタの商売や副業の安心・安全保障‼︎》 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村