らしくないと楽

価値観の見直し⭐️自己改造をもとに心身とも楽になる情報を発信します

アフターコロナ世界をかえるための映画をみよう

Pay it forward

引用元:https://netflix-fan.jp/pay-it-forward/

 

コロナショックで世界が変わろうとしている。

そんな世界を生きるために心の支えとなる、生き方の手本としたい映画が

あります。

家族や大事な人と一緒に観て欲しい。

 

《目次》

 

映画「ペイフォワード」可能性の王国

映画は2000年に制作公開されました。

興行収益は大きくなかった。しかし感動的なココロふるえる映画でした。

 

引用元:netflix-fan.jp

 

20年前は日本も世界も「競争社会」にまっしぐら。

この映画の「善意の先わたし」

「AからBに善意をわたしたものをBに返すのではなくCへ」

 

不幸の手紙の真反対「ペイフォワード」はムーブとはならなかった。

「そんなきれい事はとおらない」

「自分に精一杯なのに、そなこと無理よ」

 

自分も周りの人も、そんな時代だったと思う。

 

今、世界中の誰もが不安や恐怖をかかえています。

大事な人とのコミュニティーさえも

信じられない競争社会の行き着く先は「分離」だけ。 

  • コロナ離婚
  • 家庭DV
  • 地方自治体の崩壊
  • 銀行の破綻
  • 会社の倒産
  • 領土問題
  • 環境問題
  • 戦争 

 

コロナの問題は、競争社会の弱点・致命的な欠落を

指摘しいてるきっかけに過ぎない。

 

自分 他人 あの人

皆で「我」を捨てないと悲惨なことになりそうだ。

 

コロナの連中に

もう一度、人と人が手を繋ぐことができるか

ためされている。

 

f:id:rasikusinaiG:20200427092032j:plain

ペイフォワード

映画のストーリーを書くとヤボな人になるので、ひかえますが

この映画の考え方「善意をリレーする」を

私たちの身におきかえると、色々なことができそうです。

  • 支給されたマスクが自分にとって小さければ、子供や女の人のために無料であげる
  • 支給マスクの出来が悪ければ直して、必要な人に、差し上げる
  • 10万円が支給され、自分がそんなに困っていなければ、応援したい店や馴染みの店に先払いしておく
  • (※愛している自分の会社)が困っていたら10万円のうちの5万円を無利子で社長に託す(20人集まれば100万円)
  • SNSで有益な情報を提供する
  • 自分が元気になって、誰かを元気にする、身近の人をあかるくする

 

個人も会社や組織も「競争社会」で危険なゲームを繰り返してきたが

コロナショックで、競争の意味を考えなおさなければならない時がきています。

「協力社会」にかえていくには「善意を人に渡していくリレー」が

世の中をかえる。

 

この世が「くそだ‼︎」

「コロナ ファックユー」と叫んでも何もならない。

 

お金のある人はお金を善意にして渡す。

知恵のある人、良い情報を持っている人は、それらを善意で渡す。

体力に自慢がある人は、カラダを使って善意を渡す。

 

この世界をかえるため

善意をつないでいく運動を考えた、ある少年のストーリーを

アナタや貴方の大事な人たちと観て欲しい。

 

 

Prime Video

Prime Video

  • 発売日: 2020/04/16
  • メディア: アプリ
 

 

映画を観て「ペイフォワード」考え方に賛同する人は

この映画をアナタのSNSで紹介して欲しい

拡散して欲しい。

よろしくお願いします。

 

 

ランキング参加中です

賛同できる情報でしたら応援よろしくお願いします(^。^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村