「らしくしない」と楽になる

価値観の見直し⭐️自己改造をもとに心身とも楽になる情報を発信します

ミネラルウォーター飲み続けてカラダを楽にする

f:id:rasikusinaiG:20200328100912j:plain

カラダにとって不可欠な飲み水。

健康になるため「カラダにとってうれしい水」を飲む方法はよく知られています。

 

つねに湧き水や名水が身のまわりで手に入ることは難しいのですが、市販の

ミネラルウォーターでカラダのメンテナンスや悩みを解決することができます。

カラダの体調にあわせて習慣化してみてはどうだろうか。

 

 

 

👉「便秘の悩み」には硬水

不足しがちなミネラルを水で得られます。特にダイエット中はミネラルが不足するため硬水で水分補給するのが良いです。カルシウムも脂肪燃焼効果やイライラ解消効果があります。硬水に多く含まれるマグネシウムは腸の水分を引き寄せて便をやわらかくしてくれます。

 

 

 

👉「美肌を目指す」軟水

飲みやすくバランスのよう水なので、こまめな水分補給で、体内の循環をよくして老廃物を排出します。血液中の水分量を増やしてドロドロ血の解消で血行が良くなります。クセがないので料理にも使え多用したいお水です。 

 

[rakuten:onestep:10045575:detail]

 

 

 

👉「血行を良くしてダイエット」におススメの炭酸水

本来、自然に炭酸水を含む水を言いますが、最近は人口的に二酸化炭素を注入したものもあります。炭酸水を飲むと血中の二酸化炭素の濃度が増えます。すると体は「酸欠」という信号を出すため血管が広がって血液が全身に行きわたり、冷えが改善できます。

食前や食中に飲むと満腹中枢を刺激するのでダイエットにも良いです。

 

 

 

 

👉「胃腸が調子悪い時」にはアルカリイオン

水を分解することでできるpH9〜10の弱アルカリ性電解水。胃酸過多や下痢などに効果があることはか科学的に認められています。「機能水」として認められています。胃腸を整える以外にも生活習慣病の予防、疲労回復、美肌づくりに良い効果があります。

 

 

 

👉「糖尿病や高血圧の悩み」にはパナジウム天然水

 パナジウムはカルシウムやマグネシウムと同様に体の中でさまざまな働きをするミネラルです。あさりやひじきに多く含まれています。血糖値を下げるホルモンであるインスリンと似た働きをします。コレステロール値を下げて血液をサラサラにしてくれます。

 

 

👉「イライラや不安の解消」には飲料用温泉水

 体を温めてさまざまな良い効果のある温泉水ですがヨーロッパでは、古くから温泉水を飲む健康法が知られています。源泉によって成分が違うので効能は違いますが、体調不良など体を整えてくれる効果があるようです。どこの温泉水でも飲用にに適しているわけではないので、ベットボトルになっているものや、飲用の表示があるものだけにしましょう。

 

 

[rakuten:onsenken-oita:10000589:detail]

 

[rakuten:kagosima-bihousen:10000022:detail]

 

👉「更年期障害・生理がつらいなど女性の悩み」には海洋深層

 水深200メートル以上の深海層にある海水で、塩分を抜いた処理ほしています。海の深くには太陽の光が届かないため、プランクトンなどが生息できず、水には多くの栄養成分が含まれています。化学物質や放射線物質の汚染などもない水です。海洋深層水はミネラルバランスが良く、特にマグネシウムが豊富です。肩こりや高血圧、骨粗そしょう症の解消に役立ってくれます。更年期障害PMS(月経前症候群)を改善し、肌のターンオーバーを助けるので女性にとってうれしいお水です。

 

[rakuten:misonoya:10046778:detail]

 

[rakuten:soukai:10491272:detail]

 

[rakuten:akol:10000103:detail]

 

f:id:rasikusinaiG:20191130180531j:plain

 

おとな向けの情報になっていますが、おとな以上に子供達の飲む水は大事ですよ‼︎

おとな以上に、子供にとっては「飲み水」が大事です。

 

新生児は80%、幼児は70%が水分だそうです。新陳代謝は大人より活発なので呼気や汗、皮膚表面から水分が蒸発しやすいので大人以上に水分補給が大事です。

 

最近は水分補給がわりに牛乳や健康飲料水、ジュースなどの飲ませすぎで

必要以上の「糖分」摂取により小児糖尿病やアレルギーの原因になっているようです。

 

子供たちに毎日飲ませる「水」は大人以上に気をつけましょう。

硬水は、内臓が未発立つな子供には適していません。

小さな子供達には、美味しい軟水をたくさん飲ませて、すくすく育てましょう。

 

 

ランキング参加しています

ポチッと応援よろしくです(^。^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村