「らしくしない」と楽になる

価値観の見直し⭐️自己改造をもとに心身とも楽になる情報を発信します

暗示をかけるとき⭐️3回繰り返すと効果的になる

f:id:rasikusinaiG:20200317103829j:plain

スーパーサイヤじいは

営業力、交渉力には自信があります。

 

商売でもビジネスでもゼロからのスタートは

初対面や一発勝負の場面で自己アピールや交渉が、できないと

すべてが終わってしまいます。

 

そんな経験から 

初対面や大事な話し合いで使える

「自分も他人も暗示で元気になる方法」です。

 

 

誰かに何かをしてもらいたい時

自分の考えや主張を伝えたいと時には・・・

3回 キーワードとなる言葉や名前、内容を繰り返すと相手には印象が

まったく違ったものとなり伝わります。

 

特に相手にやめて欲しいことや

自分が嫌に思っていることを伝えたいような場合も

3回、同じフレーズで伝えると

相手は「本当に困っているんだ、本当に嫌なんだな」と心に刻みます。

 

しかし多くの人は、良いことも悪いことも

伝えたいと思い行動しても

「思い切って言ってみよう」

「この場にかけて伝えよう」

 

と妙にかしこまった言葉になってしまったり

ていねいに伝えようとして、抽象的な言葉になることが多々あります。

 

日本語は、外国人のように先に

YESか NOが先にくる文法やしゃべり方ではないので

よけいに訳のわからない話の内容になるときがあります。

 

「かも・・しれない」

「・・・とも言える」

みんなで仲良くしないと継続的な関係がとれない

島国の日本国は、ハッキリとして物言いが苦手です。

 

そこにきて、肝心なことや大事なことを1回だけのフレーズで

伝えようとしても無理があるのです。

 

男女の間でも同じです。

「オレ(私)の気持ちは言わなくてもわかっているだろ」

では伝わりません。

奥ゆかしさや恥ずかしがりでは相手には何も伝わりません。

 

f:id:rasikusinaiG:20200317105155j:plain

交渉ごとや相談、話し合いでは3回おなじフレーズで伝えたいことを繰り返す

と相手への印象による記憶は違ったものとなります。

 

たとえば

初対面で人と会った時、名刺交換や名前を聞いても

多くの人は話題や話しのなかで相手の名前を呼ぶことはあまりしません。

 

仕事の場合だと「部長さんは、どのような趣味でいらっしゃいますか?」

と聞かれるより「◯◯部長さんは、どのような趣味ですか?」

のほうが、相手はあなたに対して、ずっと親近感を持つはずです。

 

初対面で1時間ていどの商談でさえ

名前を3回呼ばれると相手は、自分という存在を知らず知らずに意識して

本気モードにかえることができるのです。

 

プライベートで

相手に嫌なことを伝えたい場合も

「△□はもうイヤですからね」と意を決して

こわい顔をして伝えるよりも

5分程度の会話でも、3回繰り返すと1回で話すより

何倍も何倍も効果が増します。

 

1回言われれば「そんなことくらいもあるさ」

と思いますが

3回だと「本当に困っているのだな」と前頭葉にインプットされます。

 

ネガティブな話しで

相手に主張をしたいとき

3回のフレーズを使って暗示をかけたい時の注意点としては

聴覚も視覚もフル活用する。

  • あまり感情的な言い方はやめる
  • 早口でしゃべるよりも、ゆっくりと話す(相手はこわーーいよ😈)
  • 大事なフレーズのときは相手の目を見て、まばたきしない

f:id:rasikusinaiG:20200317104211j:plain

反対にポジティブな話しで元気づける時には3回にこだわらず

何回も繰り返すことで相手は暗示に誘導され本気になってくれます

  • 3回以上、同じフレーズで元気づける
  • 印象に残る短いフレーズにする
  • フレーズは最初と最後、そして中間にはさむ

 

子供たちや仕事の部下など、やる気にさせる場合

同じフレーズを繰り返し伝えることで、相手の本気度はアップします。

1回だけだと「一般論やほかの誰かのコト」レベルとなってしまう。

 

名前もフレーズも3回、繰り返させると前頭葉の「記憶の長期保存」

にすりこまれます。

 

ネガティブ話を3回伝える注意点(副作用)

  • 全面戦争や相手を攻撃したいような目的では使わない
  • 一方的・表面的に伝える場面とせずに、相手の気持ちと向き合うつもりで話す
  • 自分の非がある場合、事実と違う場合は使わない

 

ポジティブでもネガティブでも

その行動は、過去の記憶に大きく影響されます。

 

伝えたいことは

できるだけわかりやすい言葉にする、できるだけ短くして3回話してみる。

 

 子供たちや大事な人と一緒にいる機会が増えています。

ボジティブな言葉や話を3回以上

くりかえして、みんなを元気にしましょう。

パワーが自分にもどって自分も元気になります🤗

 

<

 

ランキング参加しています

クリック応援よろしく(^_^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村