らしくないblog

価値観の見直し⭐️自己改造をもとに心身とも楽になる情報を発信します

「情報」の断捨離

f:id:rasikusinaiG:20200106191628j:plain

このブログは「習慣の断捨離」をテーマとしていますが、今回は「情報の断捨離」について考えてみました。

 

今欲しい情報はスマホで、どこでも誰でもが取ることができます。

ソーシャルネットワークの発達により、ますます情報は増えて氾濫しています。

 

良いことの反面、情報の信憑性や信頼度など判断するためには「固執」しないことが大事だと考えています。

 

「情報の断捨離」は、その言葉の通り整理整頓するのではなく、頭の中で情報が詰まっているスペースを常に空けておく考え方が必要です。

 

情報をたくさん持てば、持つほど他の情報も欲しくなると何も動けなくなってしまいます。

 

固執していると、その情報自体が何を目的にしてたたのか?

何をしたかったのか?

迷路に迷い込んだ状態になります。

 

目的を明確にして、情報を掘り下げることもしなければ、常に入り続ける情報にふりまわされて何をしたら良いのか、わかなくなります。

f:id:rasikusinaiG:20200106191805j:plain

新たな情報が入ってくるためのスペースを空けておくことが大事です。

そしてその情報をどう受け取るのか、どう行動するか自分自身が決めることになるので情報を取る目的を明確にするクセをつけておきましょう。

 

私の社長経験や最近のビジネスシーンで思うことですが、情報が有り余っているので臆病なビジネスマンが増殖しています。

 

プレゼンテーションするにしても、営業するにしても情報を大事にするあまりチャンスを逃すことになります。

「情報」を大事にするあまり失ってしまうチャンスは、こんなにもあります。

  • 時間が経過して、タイミングを逃してしまう
  • 必要な情報を人から教えてもらい、距離を縮められる
  • ネットや下調べとは違う、生の情報が取れる
  • 情報では得られないパッションや思いが伝わる、伝えられる
  • 情報にふりまわされない「ウソ」を見抜く知恵が備わる

 

「情報」は1週間もすれば変わってしまう、へたをしたら1日で変わるくらいの気持ちでいましょう。

自分の目的のための情報を見極めて「行動」を大事にしましょう。

けっこうやった者勝ちですよ‼︎

f:id:rasikusinaiG:20200106192006j:plain