らしくないblog

価値観の見直し⭐️自己改造をもとに心身とも楽になる情報を発信します

相手を認めること

f:id:rasikusinaiG:20191208100857j:plain

相手を認める「承認」と「評価」を取り違えると人間関係がうまくいきません。

SNSが発達した今「いいね」は承認の積み重ねです。

でも、これだけでは人間関係は進みません。

コミュニケーションで最も大事になる「相手を認めること」について整理してみました。

 

 

私の失敗

私の社長体験で組織がうまくいかなかったのは、この「承認」と「評価」を間違えてしまったことです。40年前に大学生時代から1人で商売をはじめましたが、人との出会いにより、投資ゼロ円で軌道にのせたことや、私を認めてくれた人が大きな支援をしてくれたことなど運を味方につけてうまくいきました。

25年前に会社を設立して、会社が大きくなるに従いたくさんの社員が集まりました。組織が大きくなっても営業現場の先頭にたって売上を上げていくことに終始していたため組織づくりや社内コミュニケーションは幹部まかせでした。

会社の業績は好調でも社員旅行や飲み会などひらいても社員とそれぞれとのコミュニケーションは取れなくなっていきました。

取れなくなったというのは、私の言い訳です。

取り方に問題があったのです。

 

社員や責任者には、それぞれの悩みや考えがあるにもかかわらず、私は「相手を認める」ことをせずに「評価する」ことばかりしていました。

しかも、もっと悪いことに評価する基準は「売上や利益になるか?」だったのです。

 

これでは信頼関係がとれるわけがありません。

あなたも、こんなことありませんか?

  • あいさつの時に相手の目をみない
  • 話の途中に携帯電話をいじる、時計をチラチラ見る、何かをしながら話を聞く
  • 話も聞かないうちに「時間がないので手短に・・」と時間ないアピール
  • 話の途中で、自分の話や話題に切り替えてしまう(話ドロボー)

これらは仕事でも、親しい間柄でもやってはいけないことです。

コミュニケーションを取るための入り口で、相手の心をシャットアウトしてしまいます。

こんなことをされたら、自分の本音や悩みなど相手に話せるわけがありません。

 

私の社長時代は、これらやっては❌のオンパレード。

「俺は忙しいんだ」「俺がみんなのまとめ役だ‼︎」「いかに時短で話をまとめられるかが自分の力だ」

など行動の裏側には傲慢自分勝手が潜んでいたのです。

 

【承認】とは相手の存在を認めることなので、相手の行動も成果、能力、価値観さえも認めなければ信頼は生まれません。

f:id:rasikusinaiG:20191208105735j:plain

承認と評価を間違えないようにしよう

【承認】ではなく【評価】になりがちなのが今の日本ではないでしょうか。

私の失敗の話をすりかえるつもりではないですが、いつのまにか「他人も自分にも評価する思考回路のクセ」がついています。

その評価は「お金儲けになるの?」「実績あるの?」という考え方が、大人も大人から刷り込まれた小さな子供にも浸透してきています。

 

自分をふりかえると、1人で起業したときや数人で切り盛りして会社が成長していく過程では「この商品や仕事は、面白いか?」「世の中に出したら痛快感がありそうだな」とワクワクして楽しい仕事でしたが

そのうちに「儲かるのか?いくらの投資がかかるのか」とパッション的なものからお金基準になってしまいました。

 

同時に社員とのコミュニケーションも【承認】から【評価】にかわってしまいました。

彼は会社にとって、利益をもたらすのか? 営業であれ、裏方スタッフであれ、儲けに対する貢献はどうなのか?

承認ではなくて、いつでも人を評価していれば、評価される側は本音も話しません。悩みなどいったものなら、評価が落ちてしまう。疑心暗鬼が社内に蔓延します。

 

ビジネスシーンの会社や組織だけでなく家庭や子供たちのことでも、今は「承認」ではなく「評価」するクセが大人にも子供にもついています。

「YouTuberは、儲かるよ」「小さい時からゴルファー英才教育をすれば成功する」など大事な相手や家族にさえも【承認する】のではなく【金持ちか貧乏か?の価値観で評価する】ようになっていませんか?

最近、TVでZOZO創業者の前澤さんが露出していますが「楽しい仕事をしてたら儲かった」「みんなが楽しくなる仕事をやろう」という発言をきくと、引き際やお金の使い方も違って見えてきます。

この人は「評価」よりも承認を大事にする人なんだと思います。


#02 前澤にとって“お金”とは?

 

誰かと挨拶するときや話をするときには評価する考え方から承認することを意識してみましょう。評価することをできるだけやめて承認すると決めてかかってみましょう。

 

  • 【承認】をすると評価するエネルギーは必要なくなるため、自分の頭も行動も余裕ができて楽になります。
  • 【承認】をすることで、相手の話が自分の心レベルですんなりとスムーズに入るようになります。
  • 相手を【承認】することで、相手からも自分の存在や価値観も認めてもらえます。

 

相手に認めてもらうための【評価】を大事にするあまり、自分も相手も自慢話やいかにモノやお金があるかを言わないと心配になります。

 

私のようにお金や物、人がいなくなってから気がつく前に相手を【認めること】ことの大事さ、気にしてみてはどうでしょうか?

f:id:rasikusinaiG:20191208105806j:plain