「らしくしない」と楽になる

価値観の見直し⭐️自己改造をもとに心身とも楽になる情報を発信します

海外のスリ団は怖いよ

 


f:id:rasikusinaiG:20191115093645j:plain

先日ニュースで外国人スリのチームが月に100件くらいの頻度でスリや置き引きをしていると流れていましたが被害者は終電乗りおくれの泥酔者のようです。日本では普段の生活でスリにやられるようなことは少なくなっていますが、海外で仕事や遊ぶ機会が多くなっていますが、日常で日本の常識や当たり前は通用しません。自分のことは自分で守らないとなりません。

 

以前の仕事では海外出張が短期、中期の滞在が多かったため私自身も社員さん危ない目にあったり実際に被害にあいました。

 

日本国内では考えられないような海外スリの手口や盗難の方法があります。

あくまで私見で中国や韓国の方には失礼になるかもしれませんが、イメージとしては上海や中国内陸部の中都市、韓国の観光地、繁華街など危ないと思っていたのですが、今まで行った回数から比べると意外とヨーロッパのほうがヤバイです

ヨーロッパに旅行やビジネスをした人から聞くと、だいぶやられています。

ダイヤモンドの街 アムステルダム

ブランド品の街 ミラノ

など、お金を使う街には悪い人たちも集まるんでしょうね。

ヨーロッパではスリ、ひったくりがチーム編成されていたり、ちょっと見は安心なはずの子供や女性二人組で構成されたスリ団であったりします。旅行者相手に訓練?された生業としているプロが多いというイメージです。

【目次】

 

 

 

 

海外のスリや盗難で狙うものは?

  1. 現金(ブランド財布)
  2. パスポート
  3. スマホ

この3点です。それぞれ狙われる理由は?

  1. 財布は現金が入っているのでもちろん狙われますが、ブランド財布であれば現金化できるので、狙われる確率がさらにアップします。(財布を手に持ってブラブラするなど厳禁)
  2. 日本のバスポートは世界189カ国に入国できるため、偽造するのに人気が高い
  3. スマホは個人情報が満載で番号自体欲しい、現金よりも金にしたい悪い人が狙っている

 

スリや盗難の手口

日本人の旅行者、ビジネスマンは海外初日に空港から複数人でホテルにチェックインしますが、そのときに悪い人たちはホテル入り口周辺で、お客様の見定めをしています。短めの黒系ジャンパーを着ていたり、ラフな服装で手をポケットに突っ込んでいたりと独特な雰囲気があるので注意すれば、わかります。タクシー運転者やホテル関係作業者と違い、動きは少なく冷たい目でじーっと見つめます。

そして日本人の旅行者、ビジネスマンが街に繰り出すタイミングでチーム編成で活動します。

実際にあったケースですが会社のメンバー5人でアムステルダムに到着して、そのうちの2人が夕食まで時間があると、街に繰り出しました。そうするとホテル近くで、若いおにーさんたちが前から来て「ジャポン? カラテ カラテ」と言いながら数人で空手の真似をして前をさえぎって、注意をひきます。そして歩くのをおそくするのだそうです。その途端、うしろから来た別なおにーさんがバックバック鞄ごと、ひったくり今までいた全員がダッシュで逃走したそうです。

バッグを盗まれた人は奥さんにブランド財布をお土産にするため10万円近くを財布に入れてあり、そしてホテルに到着してすぐのため、パスポートも入れてありました。当時ガラケーですが携帯電話もやられました。

 

ホテルのチェックインの時から黒ジャンパーの男にベジータがつけている「スカウター」でロックオンされていたんですよ。

 

f:id:rasikusinaiG:20191115114239j:plain

 「日本人・・・戦闘能力0%・・・警戒指数10%・・・走る速度無視」なんてね

f:id:rasikusinaiG:20191115102903j:plain

実際の体験

  • 空港でお土産を買う連れの荷物をみながらベンチで休憩していたら、外人おばちゃんがかばんの近くに座り、もそもそとスマホやパスポートなど狙われた。連れがもどってきたら、すぐにどこかに消えた。(対策→携帯電話は海外で電話がかかってこないと言っても持ち歩きましょう。バスポートや財布はセキュリティー高いバッグを身につけて歩きましょう)
  • タイの繁華街で、カラオケ店に入り会計しようとしたらマネージャーのような店員が先に会計すると言いクレジットカードを裏方に持って行こうとした。スキミングする機械があり情報をとられたら、大変なので現金で支払うと変更した。(対策→クレジットカードは目の前で決済する以外、自分の手元から離してしまうことは❌。またクレジットカードはICチップにするとスキミングできにくくなるのでICカードタイプにかえる)
  • ホテルの朝バイキングで2人とも席を離れた時に、席に置いてあるバッグを持ち逃げされる(対策→海外では、席取りにバッグや小物を置いておくなど絶対やってはダメ。日本なら通用することでも、海外は性悪説で物事を進めていくほうが良い)

海外にいる間、気をつけること

  • ホテルの信頼性にもよるが、大事なものはフロントに預けず部屋のセイフティーボックスを使う
  • バスポートや戻りのチケットなど、盗られたりしたら厄介なものは、コピーをしておく。海外では買い物やカジノなどコピーで通用するケースもある。ただし最近は国によりバスポートを所持することをすすめている国も多い。
  • 時計やブランド財布など高価なものはできるだけ人目につかないようボックスに置いておく。
  • 現金は分散して持ち歩く
  • バッグは常に自分の目の届く範囲にあるような背負い方、持ち方が可能なタイプにする。

f:id:rasikusinaiG:20191115103226j:plain

 

 こんなものもありました

バッグや財布などが手元から離れると、警報が鳴り続けます

現金やケイタイなどバッグや財布から抜かれてしまえば、ダメですが盗みやひったくりが起きる瞬間に防ぐことができそうですね。

 

【フィリピン必携アイテム】離れるとアラーム~ブザー音で撃退!!よくあるスマホ置忘れにも有効

参照先

離れるとアラーム 子機1つ仕様